立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さまよう職員。


 病院の片隅からこんにちは。


 片隅ですので
 別にアタクシ、何の力もありません。

 医療知識も無ければ、
 病院の事情もイマイチ分かってません。

 なのでね、
 何にも偉そうなことは言えません。

 大奥にも、偉い北の方から、下っ端の洗濯女までいるように、
 アタクシはそういう底辺の人間だ。

 どこかに偉い人の部屋があるとか、聞いて知ってるけど
 入ったことはない、みたいな。
 その程度の人間でございます。


 なので、
 病院で働きつつも、
 患者さんの立場にけっこう近いんですよね。

 逆に、そのクレームに対応しきれない、医療の現実も分かるけど。

 どんな対応したって、病気で体力も気力も落ちている人は、
 何か絶対苦情言うんだもん。

 同じ看護師さんが、
 「笑顔で感じがいい」と投書されることもあれば、
 「こっちは病気なのにヘラヘラ笑って無神経だ」と書かれたり、

 感じ方は人次第。
 どうもならんこともございます。





 でもね、

 ただ・・・



 アタクシ病院で迷子になります。


 働いてんのに。


 働いてんのによ?



 あまりに巨大で、
 あまりに職員も多くて、
 ここはもしかしてエンジンつけて宇宙に飛ばしても、
 小都市としてやっていけるんじゃないかと思うくらい。

 ということで、
 「広すぎて分からない」とか
 「案内板が少ない」というクレームに対しては、非常に共感!!

 どっち見ても同じような白い壁だし、
 同じようなドア、同じようなイス、
 渡り廊下でつながったいくつもの病棟。

 ( ̄▽ ̄;) ここはどこやねん!レントゲンはどこで撮るねん!!


 うろうろと、何か書類を持ってさまよってる人や、
 お見舞いに来て困ってる人、
 トイレに行ったら、もと居た待合室が分からなくなった人、
 
 そんなん見てると、

 もっと案内板増やしてプリーズ、とか、
 クレームの投書に共感することも多々ある。

 共感しても、
 なんにもできない。

 
 大奥で、洗濯女が北の方に意見を言えないのと同じだ。
 洗濯女は、洗濯するしかない。
 
 洗濯を手際よくやるとか、
 洗剤を節約するとか、そんな改善しかできやしないのだ。

 だから投書は・・・
 読んでるんだけどさ、読んでるんだけど、
 読んで頷くだけ。

 頷いてると、次の週も、次の週も、
 「まだ改善されないのか!」とか、
 「早く院内にマクドナルドを作れ!」とか同じことが何度も書かれる。

 ( ̄▽ ̄;) 何度書かれてもさ、できないもんはできないよ。


 みんな、下っ端からトップまで、
 投書は全部読んでんだけど、
 予算とかいろいろね・・・。


 案内板や時計は増やしてくれと、
 下っ端は、患者さんと一緒に願いつつ、
 今日も書類を持って、
 巨塔で迷子になる。

 そんな下っ端。

 トップの顔は遠くから見たことがあるだけの、
 そんな三十路。

 でも毎日せっせと働く。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oyabakada.blog121.fc2.com/tb.php/991-3bbb21bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。