立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

代理母の場合。

 この間、第三者からの卵子提供に賛成できない、と書いたんですが、
 まあ、全面的に反対なワケじゃないです。

 提供者が近親者と全くの赤の他人では、
 状況が違うし。



 で、そういう不完全な反対で、
 しっかりした信念もない、ぐらぐらとした気持ちではありますが、
 代理母にも、
 完全な第三者がなる場合は反対です。


 だって、 
 それもものすごい負担だから。

 どう考えても
 ビンボウな人の代理母を、裕福なキャリアウーマンがやってあげる姿は想像できない。

 逆しか想像できない。

 大変だもん。
 子供をお腹に入れていたら、仕事も大変だし、
 夜勤などの仕事は休むことになったり、
 つわりがひどかったり、流産の危険があったら休職しなきゃいけない。

 痛いし気持ち悪いし、
 長期間、体を他人のために使うことになる。


 あなたなら、自分が女性で、子供を産むことが可能な場合、
 誰かに「無償でワタシの子供を産んでもらえないかしら?」って頼まれたら
 イエスと答えますか?

 さまざまな検査も、病院で受精卵を戻す作業も、
 検診も必要で、
 多くの時間を割くことになり、体の負担も大きいのに。


 だったらやはり お金がからむ。 

 子を産むことがビジネスになってしまう。
 それはやはり違和感がある。


 


 倫理がどうとか、
 神さまがどうとかは別の問題としても、

 例えば、第三者から卵子の提供を受けて産んだ場合に、
 それをわが子として認めるのなら、

 逆に代理母に自分の卵子を預けて産んでもらったら、
 それは自分の子じゃないの?
 
 ( ̄(││) ̄) ワタシ程度の頭じゃ理解できない。


 ワタシには、なんだかしっくりこない。




 以前見たドラマ「アグリーベティ」にこんなシーンがあった。
 
 お金持ちの中年女性が、
 自分の卵子と、凍結させておいた亡夫との精子で受精卵を作り、
 夫の財産を狙うというもの。

 亡夫には前妻との間に子供がいるので、
 なんとしても自分も子供が欲しい。

 そこで、すでに死んでいる夫の体から精子を違法に採取して、
 借金に困っている知人女性に代理母を頼むというもの。

 (それが可能だというのが、医学の怖いところだけれど)

 お金のために引き受けたものの、
 その後、子供がしっかり着床するまで、と言われて、
 ほとんど代理母は、豪華な部屋で軟禁状態になってしまう。


 それもそうだ。

 大事なわが子だ。

 
 ある意味代理母は、わが子を入れているベビーベッド。

 安全な部屋の中にあるのが一番。



 悪い言い方をしたら、自分の子供をお腹に入れて歩いて、
 人質に取られているようなものだから、
 万が一、はめを外して遊びに出かけて、流産されたら困るしね。

 ( ̄(││) ̄) なんかイヤだなぁ。



 海外にでかけて代理母に子供を産んでもらう人も居て、
 それほどに子供を欲しがる人の気持ちは痛いほどに分かるけれど、
 
 子供を産むって、
 そんな簡単なことじゃないよね。

 案ずるより産むが易し、なんていうコトワザはあるけど、
 易くないよ。

 出産で死ぬ人は、医療が発達した先進国でもゼロじゃない。

 障害が残ることもあるし、
 子供が安全に生まれる保証も無い。

 子供は安全に健康に生まれて当たり前、という思い込みが、
 産科への訴訟数の増加に拍車をかけて、
 それを恐れて産科医が減っているとも言われるほど。

 本当は出産は危険だし、
 子供は必ず無事に生まれるのが当然、とは限らない。



 死産だったり代理母が死んだりした場合、
 保険はどうなる?
 依頼した側が、その代理母の命を補償するお金を払うの?
 責任は負えるのかな。

 逆に代理母が困ったことをしたら、
 賠償を求めるの?

 代理母が妊娠中、
 犯罪を犯して捕まったら、わが子は警察病院で生まれるの?

 代理母がうっかりはめをはずして、お酒を飲みまくって
 胎児になにかあったら?

 交通事故にあったら?
 ドラッグをやってしまったら?
 妊娠中に大病をしたら?
 アレルゲンになる食べ物をたくさん食べたら?

 不安になればなるほど、
 依頼主は契約で代理母をしばり、
 その行動を把握、監視することが必要になってしまう。

 それでも完全に把握することは難しい。
 そして母体に何かあったときに、責任がとれるかどうかも分からない。




 以前代理母をやっている女性が、
 インタビューで誇らしげに言っていた。
 「人に喜びを与える仕事よ!ワタシも嬉しいし、赤ちゃんを産んでもらえた人も嬉しい」 それもそうだ
  
 そうなんだよ、分かってるんだよ。


 でもやっぱり、医療を介して、他人に自分の子を産んでもらうというシステムが、
 まだ怖い。
 
 どうしても怖い。

 産んでくれてありがとう、という穏やかで感謝に満ちた関係が
 すべてじゃない。

 安産で、
 健康な子供が生まれて、
 ノートラブルだったからこそ言える言葉なんじゃないだろうか。

 死産なら?
 障害があったら?
 

 
 相手の素性や病歴なども、しっかり調べて、
 代理母は選ばれるだろうとは思う。
 
 でも、だから完全に安全なのかな。

 完全なる子産みマシーンなど、この世のどこにも存在しないし、
 どんなに安全に見える出産にも、
 実は危険は潜んでいるんだから。


 ・・・他にも理由はいっぱいあるけど、代理母には、まだ反対。


 母親や姉妹が産んであげる場合は、
 またちょっと事情が違うんだけどさ。


 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oyabakada.blog121.fc2.com/tb.php/983-8723aa7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。