立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誰につぶやいてるんだ。

 イライラしたってどうにもならないことは分かってるけど、
 今日もイラつく。

 なによ、もう。

 どうしてこんなんなの?

 日本の政治は。民主党は。


 昔ね、ピクシーが言ってましたよ。
 ほら、現在、グランパスの監督のピクシー。

 「負けたなら悔しがらなきゃいけない。
  負けないように、必死になるためにも、悔しがって怒るんだ。
  自分に対しても」


  o(〃^▽^〃)o すといこびっちでしょ?

 ( ̄(││) ̄) 総理にも説教してください、ピクシー。


 昔、日本に来た頃は荒れまくってて、
 レッドカードの帝王だったピクシー。

 ピクシーが来た頃
 グランパスは弱かった。

 
 弱いどころのハナシじゃなかった。

 だいたい、最下位から数えて3チームのあたりに、
 グランパスレッズと、ガンバが居た。
 3バカトリオみたいになってた。

 なんか、もうそのあたりが定位置だった。

 

 負けまくっていても、
 その頃はJ2降格などのシステムもなかったから、
 最下位になったって、J1チームでいられた。


 正直、ぬるかった。




 ピクシーが言うには、
 あの頃のグランパスメンバーはあきらめが早かった。

 ボールにも死に物狂いで食いつかないし、
 試合に負けても、
 「過ぎたこと」というあきらめが早かった。

 負けたのにさっさと気楽に帰るチームメイトに、ピクシーはキレた。

 「負けたんだぞ!
  負けたのに、なんで平気なんだ!

  悔しくないのか!
  自分が勝てなかったことに腹が立たないのか!!」


 ( ̄(││) ̄) ・・・。



 怒りが必要なときってあるよね。

 自分に対しても、
 周囲に対しても。




 ってことで、
 現在の内閣はぬるい。

 総理が国民に見放されて交代になっても、
 平気な顔で議員を続けられる。

 元総理として、堂々と議員を続けられて、
 偉そうにしていられる現状が、
 緊張感を無くしているの?

 総理の仕事を甘く見すぎじゃないの?

 あの鳩山さんの後なんだから、
 がけっぷちだよ?




 政権交代は、国民の最後の願いだったはず。
 「もうどうにもならないから、じゃあ、与党が変わればどうにかなるの?」

 最後の期待をこめた投票は、鳩山さんによって、
 簡単に踏みにじられた。

 
 さんは、
 その鳩山さんの分も背負って、全部の信頼を取り戻さないといけない。

 守れない約束を公言しちゃダメだし、
 外国の言いなりにばかりなっててもいけない。
 
 もっと死に物狂いで、
 国民の信頼も、海外との交渉力も取り戻さなきゃいけない。

 ・・・んじゃないの?



 怒りに対して怒りでぶつかっても、
 それで解決するとは限らない。

 それでも例えば、
 ジャイアンにマンガを取られたのび太くんは、
 小さい声で家に帰ってから「あれはぼくのだったのに」って言ってたら、
 それ、返ってくるんですか?

 返してもらえないよ。

 欲しいからもっていくんだもん。



 本当に自分のものなら、自分のもんだって、言わなきゃいけない。

 のび太だって、ドラえもんがいなかったら、
 自分で取り返すか、
 周囲の人も巻き込んで、「これは自分のものだ」って証明して、
 戦わないといけない時もある。



 権利があるというなら、堂々と言わなきゃ。

 自分が正しいと思うことを証明するために、
 手段を講じて、堂々と持論を展開しなきゃ、進まない。


 そんな時に、
 矢面に立ってみせる人こそ、国のトップなんじゃないの?

 ・・・違うかな。




 

 さて、さんはどうなのかしら。

 このまま1人で力の無い声で、
 「謝罪しませんよ。あれは日本の領土です」って、
 日本のマスコミに呟いていて、何か解決するの?


 また同じような事件が起きたら、
 トラブルになるのが怖いから、
 もう、何をされても拘束しないで見逃す?

 
 とにかく「日本の領土です」って言うのはもう分かったから、
 それ、尖閣諸島から生中継で言ってください。

 ほんとに。



 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oyabakada.blog121.fc2.com/tb.php/953-ddce79d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。