立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハナシが通じない。

 絶対このブログが家族に見つかったら、
 超怒られるだろうなー・・・と思いつつも、
 コソコソ書く。

 
 あのですね、
 アタクシの病弱な姉が、
 頑張って不妊治療してまして、
 アタクシの周囲にはそうやって「子供が欲しくて切望している人」が大勢います。

 もうすでに諦めてしまった人も、 
 どうしても無理な状態になってしまった人も居ますが・・・。

 だからこそ、
 子供の虐待や遺棄のニュースには地団太を踏みたいほどのやりきれない思いを感じるし。
 日本の堕胎数の多さにも、悔しくて涙が出ます。

 どうして望む人のところにはなかなか授からないのに、
 いらない人や、
 育てたくない人のところには次々赤ちゃんが・・・il||li(つд-。)il||li



 どうしてそこまで子供が欲しいんだ、
 産みたいんだ、と聞かれても困ると思います。

 意地になってる人ばかりでも、
 子供がいないと恥ずかしいと思ってる人ばかりでもない。
 「跡継ぎを!」と周囲から言われてる人ばかりでもない。



 例えば、「どうしてあなたは生きていたいですか?」って聞かれても困るけど、
 普通、人は急に理路整然とした返事をできない。

 それとちょっと、近いかも。


 理由はない。
 ただ、産みたい。

 その可能性があるのなら、
 わが子を手に抱きたい。

 いや、わが子じゃなくてもいい。
 ただ赤ちゃんを育てたい。
 
 そんな気持ちに突き動かされている女性を、
 ワタシは多く見ている。
 
 その涙も、
 苦しみも、体への負担や経済的負担もよく分かる。

 だから、お金持ちが代理母を頼んだり、
 海外に行けたり、
 「お金があればわが子さえも買える」ような状況にじれったさを感じつつも、
 でも、お金ならいくらでも払う!という気持ちも、
 分からなくも無い・・・。

 
 「子供が嫌いだから産みたくない」という人が堂々と生きられて、
 「欲しくない」という主張もでき、
 そして産みたいけどなかなかできない人には国が補助をし、
 生まれた子供たちには教育を受けるチャンスを作って欲しい。

 なんて、理総論をいつも言ってますが、
 なかなか難しいもんですよね。



 
 


 
 そんなこんなで、
 体外受精にチャレンジするたびに、
 卵子を取り出すことでどれほど女性の体が悲鳴を上げるかも分かってます。

 精子バンクとは大違いなんです。
 内臓を取り出すにも近いほどの、大変なこと。

 そして、どれだけお金をかけても、
 何度チャレンジしても、卵子が着床せず、失敗も多いことも。



 当たり前ですが、
 ワタシは「それでどうだったの?赤ちゃんできてた!?」なんて、
 姉に聞きません。

 自分なら、赤ちゃんがダメだったと分かったら、
 そんなこと、あれこれ言いたく無いから。

 そのことに触れて欲しくないから。


 
 姉も、
「連絡しなかったら、ダメだったってことだから、何も言わないでね」
 言っております。


 が、
 実家の母は、毎度毎度、必ず結果の確認日に電話してしまう。

 「どうだったの!? ねえねえ、どうだったの?できてた?できてた?」


 そっとしておけっちゅうのが、
 ナゼ分からんのだ!

 わが母親ながら、歳をとるというのは、こういうことかと情けなくなる。
 まったくデリカシーのカケラも無いし、
 いくら言っても聞かない。

 そして姉が、
 ついに「もうお金がないから、これで最後にする」と、
 顕微授精に踏み切った。


 アタクシは、
 くどいくらい母に、
 『「絶対に姉のところに赤ちゃん出来た?」なんて、絶対に電話したらいけない!』

 言ったら殴るからね!!

 と怒鳴っておいた。




 すると母は、
 姉のところに、もう、
「赤ちゃんできた?」って電話するのを止めた。



 代わりにこんな電話をしているらしい。


 「もうベビー服たくさん買ってあるからね♪」


 ・・・母よ、あたしゃ、ほんとに情け無いったら無いよ・・・il||li(つд-。)il||li




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oyabakada.blog121.fc2.com/tb.php/934-9b5c140e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。