立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続 あなたのためだから。

 日々愚痴ばっかですいません。
 
 愚痴って、どこまでも出てくるもんですよねぇ。
 怖いわ。
 自分が。

 o(〃^▽^〃)o じゃあもうやめなよ。

 ( ̄(││) ̄) うへへ。


 ブログに書いてるって親にバレたら大変なことになるかと思いますが、
 アタクシ、この前書いたように、
 両親とは距離感がないとうまくいかないと思ってます。

 シングルマザーでも
 しばらくはなんとかやっていこうと
 頑張ってます。

 父とはずっと仲が悪いから、
 一緒に暮らすと胃に穴が開きそうだし、
 
 両親自体もと仲が悪いので、
 定年後に2人で生活するのが怖くて、
 私たち親子を取り込もうとしている気配が濃厚なので。



 
 無意識だったりもしますが、
 「アダルトチルドレン」というか、
 大人になりきれない娘を、母親が作ることがあるって言いますよね。

 よく話題になるのでご存知の方も多いかもしれませんが、
 無意識にしても、意識的にしても、
 娘の幸せや自立を妨害する母親は、けっこういるんですよね。

 自分より若く幸せになっていく娘が、
 深層心理で許せないとか、
 自分のもとを巣立って欲しくない、とか、
 自分より幸せにしたくない、とか・・・。




 
 うちもきっとそうだったんだな。

 常に娘に対して、
 無力感を植えつける。

 無意識なのかどうか分からないけど、
 ワタシも姉も、
 子供の頃から、

 「あんたはどうせ習い事も長続きしない」
 「性格ブスだから、友達なんかできやしない」
 「どうせダメだからやらないほうがいい」
 

 常に、
 どうせやったってダメなんだ、
 できない人間なんだと、言われ続けてきました。

 
 母が聞いたら「そんなこと言ってない」って怒るでしょうが、
 家を出た娘たちは、
 そんな過去の話をしんみりしております。

 「どうせダメだ、あんたなんかダメだ」って言われ続けて、
 悲しかったな、って。

 自分たちの父親への恨み言をずっと聞かせるくらいなら、
 母自身が、
 立ち向かって大喧嘩すべきだったんだよね。


 母は無意識に、
 娘たちに巣立たれるのが怖くて、
 「あなたたちはなにもできない」と、刷り込み続けてきたんだろうなぁ。



 その、
 無意識の足ひっぱり攻撃が、今また、アタクシに降りかかっている。



 定年後の二人暮らしが怖い母は、アタクシに言い続ける。

 「1人で子供育てるなんて、どうせ無理だから」
 「どうせあなたはすぐ投げ出すんだから」
 「あなたのためだから!あなたが大変だから力になりたいのよ」


 と、怒涛の同居した方がいいよ攻撃を繰り出してきております。


 
 母は悪い人じゃないのだけど、 
 母といるとずっと「あなたはできない子だから」と刷り込まれて、
 あっという間に、
 自己嫌悪のカタマリになってくる。

 自分に自信もなくなって、
 やる気も、
 前向きに進んでいく気持ちも萎えていく。

 ジワジワと気力が奪われる。


 ・・・ので、実家には帰れない。


 ワタシは胃が痛いだとか、
 職場に嫌なヤツがいるだとか、
 そんなことは言ってられないのです。

 市営住宅に応募して、
 なんとか働いて、
 親子で頑張ってみないと、ダメなんです。

 いつかは、父母のどちらかが倒れたら、
 実家に戻って手助けしなくちゃと思ってはおりますが。

 
 「どうせあんたは市営住宅なんかじゃ、
  古いし人間関係も大変だから、やっていけないに決まってるよ」



 ( ̄(││) ̄) ・・・もう青菜に塩を振るのはよしてチョウダイ、母よ。


 「あなたのためだから。」


 ( ̄(││) ̄) ・・・ううん。もうしばらく1人で頑張る。



 頑張らなきゃ・・・。

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oyabakada.blog121.fc2.com/tb.php/920-72a10224
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。