立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手続きが面倒なワリに、ほんとに管理できてんの?


 世の中知らないことってほんといっぱいある。

 私は自慢じゃないが、無知。

 誰だってそうでしょ?
 世界一の名医だって、服のブランドや料理については無知だったり、
 経営のエキスパートだって、子供番組のキャラクターまでは知らなかったり、
 人には得意分野ってのがある。

 難病にかかって初めて、
 その分野の治療にお金がかかることや、
 新薬の認可が遅いことを知ってヤキモキしたり、

 事故に遭って初めて、
 被害者であることを証明する難しさを知ったり。



 で、
 アタクシは今回、
 自分が離婚するということで、
 離婚にくっついてくる手続きの煩雑や、
 戸籍をいじるためにあちこち行かなきゃならないことにウンザリしているのだけど、

 今回初めて、
 住民登録戸籍が別物だって痛感した。

 離婚したって子供の戸籍は変えられないとか、
 市役所じゃどうにもならないとか、
 管轄が違うから連動されなくて面倒!!


 まったく、ほんとに戸籍って何?


 住民票では、年齢160歳だなんてことはありえない。(はず)

 そこに住所があれば、
 住民税の請求なんかが発生するから。

 だけど戸籍ってのは、
 ただ生きてるか死んでるか、
 結婚したか別れたか、どこかに養子に行ったか、
 そういうことが記載されてるだけ。

 引っ越しても戸籍は全然変わらない。

 本籍地しか書いてないから、
 今どこに住んでるのかとは関係ない。

 戸籍に記載されてるのは、あくまでも本籍地


 今、世の中に、
 本籍地にそのままずーっと住んでる人がどれだけいるものかしら。

 だいたい、
 本籍地って、
 自分で好きな場所に登録できるんでしょ?
 日本国内なら。

 皇居だとか、富士山の頂上だとか、
 そんなのも自由。
 だから、皇居が本籍地っていうひと、ものすごーく多い。
 東京タワーとか。

 そんなとこに本籍がある人が、 
 生きてるか死んでるか把握するなんて、確かに難しいや。

 もっといろいろ、
 縦割り縦割りじゃなくて、連動させていかなきゃダメっすよ。
 生きた行政作りっすよ。
 それぞ生きた税金の使い方で、
 生きたデータの使い方よ。

 ・・・なんつってね。


 なんにしても、
 戸籍は現住所に同じ ってのが、何かと便利よね。

 そして、
 離婚しようがナンだろうが、
 市役所でなんでも手続きが一箇所でできたら、
 こっちは助かるンですけど。

 まったく・・・。


スポンサーサイト

コメント

そうそう。本籍地ってどこでも良いんだって。
結婚するときに言われたよ。
この辺りだと人気なのはMなとMらいですって。
は?って思ったけどね。
国民に番号つけるとか言って
昔11桁の番号つけなかったっけ?
あれって役にたってるの?税金無駄に使っただけ?
本当にいい加減にして欲しいよね。

  • 2010/08/31(火) 22:00:14 |
  • URL |
  • さち。 #pxKePtJU
  • [ 編集]

Re: タイトルなし

本籍地がどこでもいいとか、
「あ、それは戸籍の手続きね。住民票は別です」とか、
 なんだそれ?って思うわよ。

わざわざ管理をごちゃごちゃにして、
手間をかけて仕事増やして、税金たくさんかけてるように思えたわ。

少なくとも、
離婚に関しては、同じ市役所の中でも、
書類持っていくつもの窓口をさんざん回って、一個ずつ手続きしなきゃならない。

その度に
「戸籍謄本取ってきてください」とか
「年金手帳が要ります」とか、
いちいち言われてまた時間がかかる。

一つの窓口で、
マニュアルがあって、その通り動けばいいとか、
「必要な書類一覧表」も無い。

( ̄(││) ̄)めんどくさい。

だいたい、本籍地って必要なのかよ?と、
今回つくづく思いました。

極端な話をすれば、日本国民全員が「富士山頂」って申請することだって、
できちゃうんだもんね・・・。

  • 2010/09/09(木) 16:48:11 |
  • URL |
  • タガメ #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oyabakada.blog121.fc2.com/tb.php/909-29717f4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。