立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貧困とは何か。


 あのですね、
 終戦記念や、原爆の関係で、このシーズンは、
 戦争のドラマや特番がたくさん放送されます。

 戦争というのは、
 体験した方によって感想が違います。

 語りたくもないほど恐ろしい思い出を抱えて、
 ずっと罪の意識にさいなまれている人も居れば、
 戦争の被害なんてでっち上げの部分が多いと主張する人もいます。

 しかしね、
 大虐殺があったとしても、なかったとしても、
 それを指示したのが誰だとしても、
 やった人が悠々と寿命を全うしたとしても、
 そんなことは、当事者には関係ないのです。

 多くの人が、それぞれに多くの体験をしてきて、
 それは千差万別なんです。

 兵隊さんが、一般人を虐待する場面を見てしまった人もいます。
 多くの人を、面白半分に殺していく様を、見てしまった人もいます。

 そういう場面を見て生き残った人にとっては、
 犠牲者の数などどうでもいいんです。

 「ひどいことをされた!あいつらは全員残虐だ!許さない」という気持ちしか残らない。

 たとえ、それが一部の兵隊がしたことであっても、
 被害にあった人にとっては、
 わが子を殺されたり、
 家屋を焼かれたり、
 性的暴行にあった女性にとっては、「やつらをはひどかった」という印象が残る。



 ワタシが昔、小学校のときに担任をしてくれた先生は、
 今で言う、「右翼」と言われるような珍しい先生でした。

 そして、南京大虐殺などウソだとか、
 天皇様のためにみんな尽くそう、とか、よく言っていました。
 同級生が覚えているか知りませんが、
 早熟だった私は、「この先生大丈夫かな」と思っていたのを覚えています。

 その先生のお父様は、
 中国に送られたものの、現地の人とも仲良く暮らし、
 食料にも困らず、
 毎日海で遊んだりしているうちに終戦になったそうです。

 なので先生は、
 南京大虐殺も、戦争で日本兵が行った悪事も、
 ただの、後で捏造されたことだと小学生に語ってました。

 本当は戦争なんて、そうたいしたことじゃなかったんだと、
 小学生相手に説明してました。

 ・・・あんなに犠牲者が出たのに。




 私は、
 戦争の事実なんて分かりません。

 すべての歴史をきちんと理解することも、
 正しい死亡原因を知ることもできません。

 ただ、ワタシが目の前でわが子を失ったり、
 自分がレイプされたとしたら、
 恨みや憎しみは残るでしょう。

 そして、その被害は、受けた人にとっては絶対なのです。
 何人が被害を受けたかどうかは関係が無い。



 戦争ってのは、
 それくらい恐ろしい。

 多くの「普通の人の心に痛手を残す


 だから私は言いたい。

 わが子にちゃんと、歴史を学んで欲しいし、
 自分なりの答えを見つけて欲しい。
 そして、人の意見もちゃんと聞いて欲しい。
 「また戦争番組かよ」ってうるさがったり、
 慰霊碑に落書きするような、
 そんな心ない人間になって欲しくは無い。



 ・・・あれ? 家庭が大変なのに、ワタシ、今なんの話してるんだ?


 来週も頑張るぞー。



 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oyabakada.blog121.fc2.com/tb.php/888-c2f4a515
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。