立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半世紀。


 なんなのかな。
 この危機感のなさは。

 そう、行方や生死不明のオトシヨリの話。

 世の中には、
 データ上生きてるのに死んでる人がいて、
 そして生きてる人も、本人かどうか分からない。

 っていう事実に、
 戸籍は絶対ではなく、
 人数が増えたり、人の移動が増えるほどに管理ができなくなるということに、
 きちんと目を向けておかないと、
 これからますます、年金などの管理はできない。

 世の中、
 住んでないけど、実家に住所があるからそこに住民税入れてるって人が、
 けっこういる。
 選挙の投票用紙もそこに来る。
 


 ・・・( ̄  ̄;) うーん



 さて、
 今回生死不明・行方不明だと分かった人の中には、
 数十年不明、という人だっている。

 親族だって高齢化しているし、
 周囲が亡くなっていたらますます分からない。

 さらに、考えたくないけれど、
 家族がその死に関わっていたような場合には、
 誰も真実を語らないだろうし、
 今更真実を突き止められない。
 
 行方不明と言われてしまえばそれまで。
 



 中には、50年も前から、
 遺族年金が振り込まれていた方もいるそうで、
 
 そうか、年金ってのは、連れ合いが亡くなったら払われるものや、
 戦後の恩給もあるから、
 別に若い頃からもらっててもおかしくないんだよね。
 って思い出した。
 
 きっと私の祖母も、祖父の死後、そういうお金をもらっていたと思うし、
 祖父も戦争の恩給をもらってたと思う。
 傷痍軍人だったから。



 さてしかし、
 30年、50年とは長い。

 私の生きている間、ずっとその人はデータ上だけ生きてきたことになるし、
 年金のデータ化の波も、 
 住基ネットがどうとか、そういうのも全部乗り越えて、
 データ上だけ生きてきちゃったんだ。

 

 少なくとも、
 その間に一回でも役所が本人に会おうとしていてば、
 生死は分からずとも、
 行方が分からないことは分かったと思うのに。


 ・・・ねえ、菅さん。


 ここ、早めに手をつけようよ・・・。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oyabakada.blog121.fc2.com/tb.php/870-a3dc4edb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。