立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食べられない・・・( ̄▽ ̄;)


 くだらない独り言です。


 眠れなくてテレビ見てましたらね、
 経験豊かな離婚弁護士の女性がこう言ってました。

 離婚の相談に来た女性には、
 「夫の食べ残しを食べられますか?」

 って聞くんだそうで。

 食べられるなら、まだ家族としての愛情が残ってるから、
 離婚は思いとどまるべきだそうで。



 ( ̄▽ ̄;) 食べられん。


 食べられんよ、あたし。

 そうか、未練は無かったのか。


 とことん話し合わないと、 
 ナットクしないと別れるべきじゃない、って本に書いてあったから、
 どうにも心残りだったけど、
 私、けちなくせに、夫の食べ残しは食べられない。

 っていうか、
 夫の布団で寝られないだろうし、
 夫の入った風呂も、たぶん嫌だ。

 もうずいぶん前から、夫はシャワーしか浴びてないけど。


 そうか・・・
 やっぱり私たちは、もうとっくに修復不可能だったんだ。

 なかなか分からなかった。


 私ね、悔しかったんです。
 自分で言うのもナンですが、
 けっこう苦労したんです。お金のことで。

 こんなに苦労したのも、やっぱり、マイホームと、
 仲のいい家族という、自分の中の確固たる夢に向かって突き進んでいて、
 夫も最終的にはそういうものを夢見ていると勘違いしていたから。

 そういう、
 自分の努力が、もったいないって感じていたのかもしれない。

 バカみたいだけど、
 例えば、働いたら給与が欲しいし、
 業績を上げたらボーナスや昇進を望むのと同じように、
 「こんなに頑張ったのに、え?別れますで終わり?
  私と子供は、バイク以下なの!?」 って、妙な悔しさを感じてたんだろうと思う。

 
 いや、
 まだ考えはまとまってませんよ?

 人って、自分のことはちゃんと
 客観的には見られないし、 
 この世には、数学みたいに答えのあることばかりじゃないから。



 でも、確かに私は、夫の食べ残しは食べられない。
 夫の残したものだったら、
 歯型なんかついていたら、
 大好きな明太子でも捨てるかもしれない。

 
 きっかけはいろいろあるんだろうと思う。
 ただ、産後に夫が冷たかったのは、あれはやはり大打撃だった。

 産後の体型を、心底気味悪い目で見られて、「元に戻るんだろうな?」って遠くから言われ、
 乳腺炎でカチカチになって、歪んだ固いおっぱいを揉んでいたら、
 「うげ!勘弁してくれよ!気持ち悪い!俺そういうのほんとダメ!」
 って吐き捨てるように言われた。

 夫の食べ残しは食べられるか?と考えると、
 そういう不快な思い出しかこみ上げて来ない。


 こりゃダメだ。
 

 しょうがない。
 夫もきっと、同じような気持ちだから「お前とはやり直せない」って言ってんだろうな。

 一つ、前に進めたような気がする。

 明日は公証役場に、行く予定です。

 頑張るぞアタシ。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oyabakada.blog121.fc2.com/tb.php/867-9ab658ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。