立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただ、幼き子の冥福を祈るのみ。 めっさ長くなってしまった。

 「自分の時間が欲しかった」


 幼い2人の子を家に残して家出し、
 餓死させた母親が捕まった。

 そして、子供が死ぬのを分かっていて放置した、と言った。
 「自分の時間が欲しかった」から。




 別に、「これだから今時の若いもんは」とか「若い母親だから」とか、
 そんなこと言うつもりは無い。

 水商売だってことも関係ない。
 子供を育てるために、あえて水商売に身を投じる母親だっているし、
 子供を愛して、
 仕事終わりに満面の笑顔で、幸せそうに夜間保育園に迎えに来る親たちを、
 一まとめに「水商売のシングル」って批判する気なんか、さらっさらない。

 むしろ、応援したい場合の方が多いほど。



 昔から、
 子供を置いて男と逃げる母親や、
 子供を売り飛ばしたり、捨てたりする親なんて、いくらでもいた。

 明治政府ですら、「子供を殺すのはやめましょう」っていうポスターを配ったほどだし、
 親が口減らしで産んだ子を殺すことは、当たり前な時代もあった。

 女の子が生まれたら体を売らせる母親だって
 わんさかいた。

 

 悲しいのは、
 時代はもう平成なのに、変わらないってこと。

 便利になっても、
 福祉が充実したかのように言われていても、
 こういう都会のブラックホールと言うか、
 福祉の網の目から、
 スコンと抜け落ちたような家庭が、いっぱいある、ということ。
 
 誰にも助けてもらえない子供。
 誰にも頼れない子供。


 以前
 「誰も知らない」という、実話をもとにした映画がありましたが・・・

 
誰も知らない [DVD]誰も知らない [DVD]
(2005/03/11)
柳楽優弥北浦愛

商品詳細を見る



 それを思い出した人は、
 他にも居るんじゃないでしょうか。


 幼い子供たちを、年長の子供に任せて、
 わずかなお金を残して、母親が居なくなる。

 残飯を漁ったりして生きる子供たち。

 風呂にも入れない、子供たちのサバイバル生活。
 いつしか、年少の子供は死んでいく。
 その死体を、そっと捨てに行く兄。


 そんな嘘のような、
 信じたくない光景が、今もどこかで繰り広げられているかもしれない。

 虐待のニュースは後を絶たない。

 木箱に入れられて、窒息して亡くなった1歳児のニュース、
 洗濯機で虐待されて死んだ子、
 ゴミ箱に詰められてなくなった子、
 家で餓死していた幼子・・・。


 

 確かに、子供が生まれると、
 自分の時間がない。

 こうしてパソコンに向かっている私も、
 パソコンなら、子供がいる家でできるから。

 子供を家に置いて外出することはできない。

 もし子供が寝ているからと言って外出してしまっても、
 その間に子供が起きて、鍵を開けて出て行ってしまったら、車にひかれるかも。

 迷子になるかも。
 誘拐されるかも。
 線路に入っちゃうかも。

 気になって、家に置いてコンビニに行くことすらできない。




 かといって、連れて行けば、
 オシャレなレストランにも、映画館にも入れない。
 おとなしくしてくれないから、本屋にもいけない。

 図書館なら、と思っても、 
 子供の本を選ぶのに付き合わされて、紙芝居も読まされて、
 自分の本なんか選ぶ時間も無い。


 時間は無い。

 帰宅すれば子供を風呂に入れて食べさせて寝かせ、
 「本読んで」 
 「抱っこして」
 「ウンコ出る」
 「お尻ふいて」
 「牛乳飲みたい」
 「牛乳こぼしちゃった」
 「眠くなった」
 


 ( ̄▽ ̄;)・・・可愛いけどオイ!


 さんざん苦労したって、
 子供はちょっと大きくなったら、きっと反抗期だ。

 最期は「うざいなオカン」ってなもんだろう。


 しょうがない。

 自分の人生が犠牲になったと考えるか、
 子供を育てられる幸せだと考えるか。




 母親になるのに免許や資格はいらないのだから、
 世の中から、こういうブラックホールは無くならない。

 追い詰められて子供を殺す親をゼロにするネットワークなんて、
 きっと不可能。

 だから、できる限り、子育てをする親への支援を、
 厚くして欲しい。

 制度があれば、悪用する親はね、います。
 確かに居ます。

 仕事してないくせに、実家で稼業を手伝ってるっていう嘘の書類出して、
 子供を保育園に入れて遊びまわってる親もいるし。
 
 子供の世話をまともにしてないくせに、
 子供手当てや児童扶養手当でパチンコ三昧の親やら。

 いるんだけど、
 それでもカバーして欲しい。



 親が死んだことを隠して年金をもらう事件の場合は、
 確かに不正だけど、親はすでに死んでいる。

 子供が死にそうだけど親が世話してない場合には、
 子供はこれから死んじゃうんだもん!

 そっちは「見逃しちゃった」では取り返しがつかないから、
 もうちょっと、支援の手を。


 保育園に子供を預けて働いている親には、
 しょっちゅう職場に
 「ホントに働いてますね?ホントに○時まで働いてますね?」ってしつこく電話するのに、
 サポートは厚くない。

 三つ子が生まれたので、
 将来のために必死で働いているママには、
 「本当に預ける人がいないんですか?祖父母は?
  こんな小さい子を預けて、フルタイムで働く必要があるんですか!?」
って、
 保育園や役所から、しょっちゅう圧力がかかるとぼやいていた。

 うんざりした顔で、三つ子のママは言っていた。 
 「三つ子の将来を思うからこそ必死で働いてるのに、
  なんで無責任みたいにしょっちゅう言われるの?
  それに、1人で三つ子の世話をしながらずっと家に居たら、気が狂っちゃう」


 これ、子供がいる人なら分かりますよね?
 小さなアパートで、もしママが暴れ盛りの三つ子に囲まれて、
 収入も少ない状態で居たら、
 おそらく、保育園に預けているよりもヒステリックになるんじゃないかしら。

 

 本当に虐待をしている家は、
 その事実を隠したがる。

 ちゃんと毎日保育園になんて、連れていかない。

 保育園にちゃんと預けて働いていたり、 
 子供が元気で笑顔でいる家に、しつこく調査する余裕があるのなら、
 そのお金を、気づかれない「ブラックホール」に向けて欲しい。

 難しいのは分かってる。


 他人の生活に踏み込むのも、
 虐待してませんか?ちゃんと育ててますか?って、聞きにくいのも分かってる。


 だけど、
 こんなに多くの子供が、虐待や餓死するのが、
 みんなが「古きよき時代」に夢見た「先進国の未来」なのかな・・・。
 
 
 「エコポイント」と同じだ。

 手続きが面倒すぎる。

 大変すぎる。

 助けて欲しいなら役所に来てください。
 この書類書いてください。
 この証明書ください。
 ここに不備があります。

 なにかもらおうと思うと、ものすごいめんどくさい。
 助けて欲しいときには、窓口がどこか分からない。
 平日の昼間しか行けなかったり、
 書類がいっぱい必要だったり。

 若いママや、生活に疲れている人は、
 それを見てどう思うかしら。

 なのに、お金を払うのは
 「払ってください」って、振込用紙が送られてきて終わり。

 払わないと払え払えって、ずっと請求が来る。

 o(〃^▽^〃)o ママ、長い!!


 
 まとまらなくなってしまった。

 とにかく、私は今回の餓死した子の苦しみを思うと、
 心が砕けそうだ。

 ママがちょっとトイレにこもっていただけでも、子供はパニックになって泣いたりする。

 そんな中で、
 小さな子が、2人で家に残されて、
 暑くて飢えて、どんなに怖かっただろう。
 悲しかっただろう。

 だから悲痛な思いになる。

 でも、人は免許も資格もなく母親になってしまうんだから、
 不適格で、母親業から逃げてしまう人がいる事実も、分かってしまうんです。

 転職はできるのに、母親業からは逃げられない。

 
 こんなに楽しみや誘惑が多い世の中で、
 母親の仕事からは逃げられず、
 誰も褒めてくれず、
 育て終えた頃には、若い時代は終わってる。

 そのジレンマが、理解できないワケじゃない。


 人はいっぱいいるのに、
 関係は希薄。


 そういう時代のブラックホールを、
 どう埋めて行けばいいのかな・・・。

 とにかく、
 少子化対策大臣に、こういう現実を、しっかり見つめて欲しい。

 待機児童を減らすことや、
 保育料を安くすることは、
 もしかして少しでも、
 子供の命を救うことにもつながるかもしれないから。


スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2010/07/31(土) 20:01:20 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

Re: タイトルなし

みなさまのご意見、ありがたく思っております。

人って、親を選べません。
私は周囲に不妊に悩む人が多くいるので、つくづく思います。

なんで、育てる気がなかったり、責任感が無い家に、何人も子供が授かったりするのかな・・。
世の中って、矛盾ばかりだなって。

子供なんて育てる気がなかったり、
遊びに夢中だったり、
いらないのに妊娠しちゃったり、そんな家の子でも、
ちゃんと育つことができる、夢みたいな社会があったらいいですね・・・。

結局、子供は親がしっかりしてないと、生きていけない。
親はなくとも子は育つ、なんていいますが、それは詭弁ですよね。

人の家庭に、どこまで踏み込めるのか、
家庭の力は、どうやったら強くできるのか、
教師の性的暴行などがしょっちゅう報道されるような社会で、人は子供たちに、どうやって「道徳」や「モラル」を教えていったらいいのか・・・。

難しいことばかりです。
ただただ、こんな事件が少しでも減って欲しい。
社会が悪いとか、政治が悪いとか言えないのは、歴史的に見ても分かるのだけど、
どうやったら減るんだろうなぁ・・・。

  • 2010/08/01(日) 01:01:31 |
  • URL |
  • 書いた人。 #-
  • [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2010/08/01(日) 03:03:47 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

そうですよねー
ありがとうございます。
福祉って難しい。

外国の難民キャンプで働いていた教授は、絶望して帰国しました。
与えられることを当然だと思ってしまった難民たちは、そこで子供を作り、永住してしまう。
仕事もなく、ただ子供だけが増えていく。
難民キャンプで生まれ、衣料も食事ももらえるだけの生活。
母国に帰ることもできず、母国も知らない子供が増え続ける状況を見て、疲れ果てて帰国したんだそうで。

福祉ですべてを解決は、できません。
でも、働こうとしながら、子供はちゃんと育てようとしている母親への援助くらいは、国にしっかりしてもらえたら嬉しいです。
アタクシの近所なんて、意味不明の高級公衆トイレが大量に作られて、明らかに、建設業界との癒着なのよね。
なのに、保育園は増えない。
病時保育は、市全体で、一日4人まで。
( ̄(││) ̄)・・・。
税金の使い方、間違ってる・・・。

  • 2010/08/02(月) 00:02:16 |
  • URL |
  • お返事ざんす #6VWs5n0k
  • [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2010/08/02(月) 16:11:42 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

Re: タイトルなし

うん。ありがとう。
葛藤はやまないけど、
自分の今までを悔やむ気持ちも消えないし、選択を悔やむ気持ちも消えないけど、
今日生きていられることを感謝して、
前に進むしかないよね。

  • 2010/08/13(金) 11:17:46 |
  • URL |
  • お返事です #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oyabakada.blog121.fc2.com/tb.php/863-a0e63f1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。