立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車操業


貸金業法とやらの改正で、
主婦のキャッシングが難しくなったということで、
ニュースになっている。

年収の三分の一しか借りられないと決まったので、
無収入の主婦は、
借りられないということで、
困るんだそうな。

( ̄(││) ̄) ・・・。


主婦の借金は、
ほとんどが家計の足しや、急な冠婚葬祭に関わるものだそうです。

それなのにキャッシングができなくなってしまうと、
すごく困るんだそうで。

・・・( ̄  ̄;) うーん



いいんじゃない?

こういうとアレなんだけど、
キャッシングってやっぱり借金だもん。

ATMで簡単に借りられちゃダメだよ。
それで、利息分も払うんだから、けっきょくマイナスになっちゃうんだもん。



私は、私の借金じゃなかったけど、
返済に追われたことがある。

複数の返済しながら、普通に生活していくのは、
借金をしたことがない私には、すごく不安なことだった。

まるで、自分で橋を作りながら谷を渡っていくような、
一歩一歩が不安定で頼りない気持ちで、つらかった。

家のローンとかならいいけど、
手元に何もないのに、借金だけ返していく生活は、心のよりどころが無い。


今回の貸金法改正には、
反対意見もある。

こうして規制を厳しくしたら、主婦は闇金で借りて、
裏社会へ流れる金が多くなるのでは?というものです。

でもやっぱり、
「キャッシング」というカタカナ語でソフトに包んでも、借金は借金
安易にカードを入れたらお金がスッと出てくるシステムには、
賛成できないんです。

すぐ返済できるようなお金なら、
ほんの数万円、家計に足りないというのなら、
それは普段からの備えで本当はどうにかなるものかもしれない。

冠婚葬祭が続いたらどうしよう?って思って、
少しでもお金を貯めておこうよ。



こういうと、
絶対に、「ちゃんと限界まで努力したもん!」という声が聞こえてきそうですが、
そうかなぁ。

化粧品や美容院、
食費や洗剤など、節約できる部分ってけっこうあるんです。

私は、ネットの接続はギリギリまで続けたかったので、
その代わりに自分の生活の質を落としながら返済を続けました。

肉は特売の店でさらに半額セールをやってるときに買ったし、
安いおからをたくさん混ぜたハンバーグを焼いたり。

女としては怒られそうですが、
オリーブオイルが一本あれば、化粧水もリンスも無しで生活できます。

o(〃^▽^〃)o どうやって使うの?( ̄(││) ̄) それはまた別の機会に。

生活が限界なら、という話ですよ?


テレビのインタビューに答えてる女性が全てじゃないですが、
私が見た「限界まで節約してるけど、キャッシングにも頼る」という女性たちは、
きれいに化粧して、
髪も染めてた。


「生活費をキャッシングしてるって分かったら、
 夫のプライドを傷つけるから」
 って言ってる人もいたけど、

 それが現実ならしょうがないじゃん。
 正直に言おうよ、夫に。


 そんな、キャッシングに頼った自転車操業の家計なんて、
 やっぱりおかしいよ。

 お金を借りないとやっていけない状況だっていうのを夫にも話して、
 自分がどれくらい努力してるか話して、
 それで協力して立ち直らないと、
 ずっと自転車操業なんじゃない?


 
 「へそくり」というのは、あまりいい響きの言葉じゃありませんが、
 それがきちんとできる女性は、賢いと思います。

 親類が入院しました、
 上司が亡くなりました、
 部下が結婚しました、


 そんなことが重なっても、
 さっとお金が出せるとしたら、
 素敵じゃないですか?

 o(〃^▽^〃)o さあ?


 お金に対する考え方はさまざまです。

 私の場合は、
 夫の無計画さに振り回されたせいで、慎重になりすぎかもしれません。

 人によっては、
 私を「せせこましい」と思うでしょう。


 でも、それでも言いたい。

 そんなに簡単にお金が借りられちゃダメだと思う。
 質屋さんみたいに何かと引き換えでもなく、
 ただお金が借りられるって、怖い。


 企業の資金繰りならともかく、
 家計なら、工夫できる余地が残ってる。

 NHKに電話して、今日からテレビを見ませんのでって受信料を止めて、
 テレビを見ない生活に切り替えたり。

 
 とにかく、ほんの少額の借金を「家計のため」に繰り返して、
 そして一応返済ができている人には、
 「実は自分は借金しなくても生活できるのかも」って思って欲しい。

 「ないよ、うちには金なんて無い無い!」って言いながら、
 いざ、ほんとに困ったときにはお金を出せるのが、
 本当の内助の功かと思うんだけど・・・

 ( ̄(││) ̄) どうかな。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oyabakada.blog121.fc2.com/tb.php/848-6afedd5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。