立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やりきれない思い。


 あいも変わらず、
 私はアホっぽい笑顔でヘラヘラしながら、
 上司の話に相槌を打っていたアタクシ。

 ヘラヘラ。
 ヘラヘラ。


 「今の若い子は大変だよなぁ、俺たち、あの時代だから就職できたんだよな」
 「おお、ラッキーだったよな、とくに資格もなかったし」
 「でさ、仕事は会社入ってから覚えたよな」
 「大学の頃なんて、遊んでても絶対内定取れたもんな」


 ( ̄▽ ̄) ヘラヘラ。



 うらやんでも仕方ない。

 戦時中に生まれてしまった人が、
 平和な時代に生まれたかったと言っても無理なように。

 戦地の貧困の中で飢え死にする子供たちが、
 先進国の裕福な家に生まれたかったと願っても無理なように。


 ヘラヘラしながら聞き流す。


 でもやっぱり心は痛い。
 悲しい。

 いい会社に雇用されて、会社の負担で資格を取らせてもらったり、
 いろんな講習を受けられたり、
 問題を起こして飛ばされても、寝てても仕事しなくても、
 大会社なら労働組合に守られていたり。

 そういう人を見ながら、
 その人たちの「皆勤手当分」くらいの給与しかもらえないで働く日々は、
 胸が痛い。
 

 実家の母が「私たちはこんなに頑張ってきたから、年金もらって暮らせるのよ」
 なんて言うのを聞くときにも、
 胸が痛い。

 もし母と同じか、
 それ以上に頑張ったって、私たちはそれと同じ額の年金はもらえないんだから。

 「だってこんなに頑張って生きてきたんだから、当然でしょ!?」
 
 当然じゃない。

 当然じゃない世代に生まれてしまった。

 
 一日働いても、
 せっせと頑張っても、 
 誰にも見えないところで、かなり経費節減してみせたけれど、
 時給は1円も上がらない。

 そんな状況で、
 今日もヘラヘラしていたアタクシ。

 どうも・・・

 胃が痛い。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oyabakada.blog121.fc2.com/tb.php/808-ef9b3c3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。