立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪は悪だけど。


 タマクローは、
 なんだかちょっと体調が良くないようで、 
 ごはんを食べたら倒れるように眠ってしまった。

 ひどく具合が悪い感じでもないので、
 しっかり眠らせようと思う。

 で、
 その間に記事を予約投稿しておこう。


 今日、久しぶりにドラマ見たんですけどね、
 絶対零度っていうドラマ。
 
 上戸あやちゃんの。


 
 時効目前の事件を、特殊チームがギリギリで解決するというもの。


 毎回一件の事件を解決するようで、
 今回の事件は
 「過去にホームレス男性を人体実験に使った、凄腕医師」だった。

 怪我をして運び込まれてきたホームレス男性を、
 脳の手術の実験台に使い、
 そして試してみたかった手術をやってみて、男性は死亡した。

 適当な死因を偽装して葬っても、
 誰も苦情を言ってくることは、ない。

 身寄りがないから。



 けれどそれに気づいた医学生に告発すると脅されて、
 医学生も殺し、
 その後15年が経とうとしている。

 全然バレてないけれど、
 殺した相手は2人。

 その事件が時効間際になって再捜査がされるというワケ。



 15年も、その医師の犯行はばれず、
 腕を磨いた医師は、
 数少ない難しい手術ができる、凄腕のドクターとなっていた。
 
 彼がいなければ死ぬ患者が大勢待っている。


 しかし、罪は暴かれ、
 時効間際に起訴が成立し、
 逮捕される。


 「私の逮捕で死ぬ患者が大勢いるんだぞ」

 と叫ぶ医師に、刑事たちは、

 「何百人の命を救っても、2人を殺した罪は消えません」


 
 分かる。

 分かってんだよその通りだよ。


 でも、
 私が、その殺人医者の手術を順番待ちしてる子の親だったら、
 どう思うだろう。

 殺人犯でも見逃して欲しいって、
 逮捕しないで欲しいって、
 きっと思っちゃうんだろうな・・・。


 罪は罪だ。

 殺された人の無念や、
 そのご遺族の気持ちを思えば、
 その後何人の患者を救っても許されない。

 人を実験台にして磨いた腕で人を救うなんて、
 間違っている。
 

 
 だけどなぁ・・・



 昔、
 作家の中島らもさんがよく言ってた
 「あの人は過去に強盗殺人で服役してただけで、ほんとにいい人なんだよ」とか
 「強姦で捕まったけど、いい人なんだよ」っていうセリフを、

 何言ってんだコイツ、って思ってた。

 殺しや強姦して、友達や仲間にだけ優しくても、それのどこがいい人なんだ。
 遺族の気持ちを考えろ。
 悪人は悪人だ。

 自分の親に孝行しつつ、
  よそのオトシヨリには引ったくりしてるようなもんじゃないか。


 ってイライラしてた。


 でも30歳になると、
 らもさんの言うことも、ちょっとだけ分かる。

 私の子供の命を救ってくれたドクターが殺人犯だったら?
 何百人もの命を救うスーパードクターが、連続強姦魔だったら?

 ・・・逮捕を待って欲しい、なんて思っちゃうかもしれない。


 そんな自分が、イヤだな。
 世の中ってキレイごとじゃないな。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oyabakada.blog121.fc2.com/tb.php/752-96a18efc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。