立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それも虐待。

 昨日書いた、
 二歳の子の虐待殺人事件。

 母親の刑が決まったようで。

 7年ですって?


 子供を洗濯機やオーブンに入れて、
 スイッチを入れても笑っていたお母さんが、
 ゴミ箱に密封して、死ぬまで閉じ込めておいたお母さんが、 
 ほんとに、
 「夫に逆らえなかったから」という主張をしていいのかどうか、
 アタクシは神様に聞いてみたいところ。

 夫に虐待されるから、
 じゃあ子供を虐待してもいいとしたら、
 それが自分は悪くないという主張としてまかり通るなら、

 例えば、
 クラスでのイジメの加担者たちは、
 首謀者以外はみんな
 「俺もイジメたけど、○○くんが怖かったからだ」で済むようになるわね。

 (ー"ー )



 さて、
 今回の恐ろしい殺され方をしてしまった2歳の子には、
 上にお姉さんたちがいる。

 お姉さんたちが虐待されなかったのに、
 1人だけが、死ぬまで虐待された理由の一つとして、

 母親は、産む前に夫婦仲が悪くなり、
 堕胎を考えた子だから、いらなかったんだとも話している。

 だから1人だけを虐待したのだ、と。



 ・・・ほんとに1人だけ?



 海外には、
 親が子供と一緒に風呂に入ると言う行為が、
 「大人の性器を見せるから虐待」という考え方すらも、あるそうな。

 夫婦の性行為をうっかり子供に見せてしまうのも、
 一種の虐待であるとか、
 目に付く場所にいやらしいDVDや雑誌を置きっぱなしにしたりするのも、
 一種の虐待。



 だとしたら、
 親が自分たちの目の前で、
 弟をひどく虐待している
 というのは、どうだろう。

 2人の姉は、
 どんな気持ちでいたんだろうか。

 幼い弟が縛り付けられて殴られたり、
 人間がオーブンに入れられて、スイッチを入れられているのを見て、
 どう思っただろうか。

 弟が苦しんでいても、
 楽しんで虐待しているように見える親を、どう思って見ていたんだろう。

 全く知らなかったはずは無い。

 
 そして最後に、 
 弟は両親の手で、言葉にできないほど残酷な殺され方をした。


 そんな体験をした姉たちが、
 「虐待を受けていない」と言えるんだろうか。

 そんな家庭環境で育てられたことも、
 虐待だと思う。

 上の子達も、みんな被害者だ。



 そして、こうして両親が懲役刑になったことで、
 上の子たちの人生には、
 これからも苦難がつきまとう。

 親のした犯罪が、
 子供の人生を狂わせる。




 刑務所の中で、受刑者はオーブンで焼かれないし、
 毎日食事もできるし、
 医療も受けられる。
 

 7年の刑が適当だとは、
 私には、
 やっぱり思えない。


スポンサーサイト

コメント

お姉さんたちも

被害者ですよね。
正直私も「子供がレンジに入れられても止めるどころか笑って見ていたくせにどこが『旦那が怖くて止められなかった』だ?」って思ってました。
求刑も短いと思ったけど、下された判決はそれ以上に短いですよね。
7年経ったら、普通に人間としての生活を送れるんですよ。
人間以下の所業を平気でできる人間が。

それにお互いに罪をなすりつけあう両親。
泣いて悔やんだからといって子供が戻ってくるわけではない。
でも・・・これじゃあ亡くなったお子さんが浮かばれません。

世間に晴れて出られても、周りから冷たい目で見られて、仕事にもありつけなければいいのに。
できれば残された2人のお姉さんも、違う人間に育ててほしい。
そう思ってます。

  • 2010/03/30(火) 07:43:21 |
  • URL |
  • だらりん主婦 #-
  • [ 編集]

子供を虐待してしまった人間にも、
やり直す権利はあるかもしれない。
でも子供はもう人生をやり直せないことを、忘れちゃいけないですよね。
生きているお姉さんたちも、もう、何も分からない年頃じゃないんだから、
深く傷ついているだろうし。

責任を持って、暖かく育ててくれる人がいてくれることを、心から祈ります。

  • 2010/04/05(月) 19:48:06 |
  • URL |
  • お返事 #6VWs5n0k
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oyabakada.blog121.fc2.com/tb.php/729-1c77af3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。