立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あるはずのものが欠けると。


 こう、
 虫歯になったとたんに、
 噛めることや、歯のありがたみを痛感したりしますが、
 毎度毎度思いますけど、
 ほんと、
 人って何かを失わないと、そのありがたみを分からないものですよね。

 「死ぬときに後悔すること」っていう本にも書いてありましたけど、
 俺は自由に生きて早死にするからいいんだ!って言ってタバコ吸ってる人も、 
 けっきょく、肺がんになったりすると、
 なんでタバコなんか吸ってたんだって後悔して泣いたりするし、
 まあ、ほんと、
 そんなもんです。

死ぬときに後悔すること25―1000人の死を見届けた終末期医療の専門家が書いた死ぬときに後悔すること25―1000人の死を見届けた終末期医療の専門家が書いた
(2009/05/25)
大津 秀一

商品詳細を見る


 あ、タバコはほんの一例ですよ。
 ベビースモーカーでも80歳過ぎまで元気な人もいますんで。
 
 別に食生活でもいいんです。

 透析に通ってる患者さんでも、
 泣きながら、
 「俺は、ガマンして長生きしてもしょうがないって、
  医者のいうことも聞かずに酒を飲みすぎた
  なんで俺だけは後悔しないなんて思ってたんだろう」
って後悔してるおじさんも、いるんで。

 





 で、何が言いたいかと言うと、


 今日のアタクシは、
 派手に転んで、
 肩や背中に激痛が走ってます。

 そして左手は握力がほぼ、ありません。

 もう、手が痛くて痛くて。
 握れない。
 使えない。


 
 片手が使えないと、
 それだけでめちゃめちゃ不便。


 洗顔料を泡立てることもできない。
 ビンのふたも開けられない。
 キーボード打つのもめちゃめちゃ時間が掛かる。

 もし両手を怪我したら、
 トイレも入れないんだよな・・・
 お尻も拭けないのよね。

 
 そんなことで、
 両手が使えることの幸せを、痛感する本日の三十路。

 
 毎日リハビリしてる患者さん見てるから分かってるつもりでも、
 やっぱり、
 歩ける幸せだとか、
 ボタンを自分で留められる幸せとか、
 そういうの忘れがち。

 不幸なことにばかり、
 自分の不運にばかり、
 意識が向きがちでダメよね。

 (゚-゚)(。_。)(゚-゚)(。_。) うんうん。
 
スポンサーサイト

コメント

リハビリ中だったり、透析を受けている患者さんに比べたら、
本当に、本当に微々たるモノで申し訳ないんですが…

現在、足の爪が自分では切られなくなるとか、拭き掃除ができないとか、
靴下を履くのが大変だとか、うつぶせでは寝られないとか、
床に座った状態から、支えナシでは立ち上がれないとか、
細かいところで、ちょいちょい不便を感じているところです…
BABY、ちょっと早めに出てきてくれないかしら。

  • 2010/02/26(金) 07:46:36 |
  • URL |
  • Chiho #ENAFq3jc
  • [ 編集]

そうなのよ!
靴が履き難いとか、テーブルに近づけないとか、小銭落としても拾うの面倒とか!
妊婦の大変さは、
妊婦やってみないと分からないわよね。

そんな大変な思いして産んだんだから、
男には感謝してもらいたいわ。

障害者用トイレとか、
エレベーターとかの重要性、
つくづく感じました。

  • 2010/02/27(土) 13:15:11 |
  • URL |
  • お返事 #6VWs5n0k
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oyabakada.blog121.fc2.com/tb.php/702-726c28d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。