立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄での事件に思うこと・・・

 沖縄で、1人の少年が
 同級生によって殺害された・・・

 加害者たちは、暴行によって被害者がグッタリすると、
 離れた場所に運び、事故に偽装し、
 まだ息のあった少年を放置して逃げた・・・

 遺族の思い、
 そして、殺された少年の無念を思うと、
 胸が張り裂けそうだ。


 この世に、
 いじめや差別、無視やひいきのない世界は、おそらく無い。

 人の心に、嫉みや羨望、嫉妬はどうしても生まれる。

 いがみ合いや過酷なイジメは、
 猿だってするんだから・・・

 
 だけど子供はその世界から
 簡単に逃げ出すことはできない。
 



 この恐ろしい事件を聞いて、
 古臭いと言われそうだけれど、懐かしいドラマ「人間・失格」を思い出した。

 kinkikidsが主演だった、学園ドラマ。
 イジメで殺された少年。
 隠蔽しようとする、教師や同級生たち・・・。

 人が死ぬような暴行が、
 ある日突然行われたとは思えない。

 きっと、いままでも何かあったはず。

 沖縄で亡くなった子は、
 今までどんな思いで学校に通っていたんだろう。



 もし、この偽装がばれず、
 人を殺したことが明るみに出なかったら、
 加害少年たちは、
 普通の顔をして学校に行き、
 普通に大人になっていったんだろうか。


 人がそこまで残酷になってしまう境目って、どこなんだろう。
 
 少年だからとか、
 そんなことでは片付けられない話。

 たとえたいした罰を受けなくても、
 心から被害者に詫び、
 生涯、悔いて欲しい。


 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oyabakada.blog121.fc2.com/tb.php/617-30564b03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。