立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美の判定

 この間、
 ナショナルコスチュームとして、
 ピンクのスキャンティを見せた着物姿がバッシングを受けた
 ミスユニバース日本代表。

 日本で不評だったので、
 着物は、お尻を隠す丈に直して大会に出たものの、
 上位には入賞できなかったそうな。

 ・・・ピンクのパンツを見せれば入賞できたろうか。
 
 ( ̄▽ ̄) なんてね。


 ミスユニバースが世界大会で優勝や準優勝をした時、
 アナウンサーが、
 「日本の女性も、世界レベルの美しさに追いつきましたね」 と言うのを聞いたけど、
 それはきっと、ちょっと違う。

 美に世界レベルも、
 世界基準も、
 世界標準も無い。


 ミスユニバースの審査員の、
 審査基準に合致しただけ。


 ミスユニバース好みの美女を選び、
 ミスユニバース好みの化粧をさせ、
 歩き方も立ち居振る舞いも指導して、最高の美容スタッフをつけて出陣。


 もちろん彼女たちは美しい。

 長い手足に、
 化粧栄えのする顔、
 素晴らしくスタイリングされた髪、
 自信に満ちた顔。
 カメラを向けたときの、完璧なポージング。


 だけど、
 世界中にはそれぞれの美しさの基準がある。

 水着審査がある以上、
 特定の宗教を深く信仰する国は参加できないのだし、

 世界中のすべての国が、
 同一の美の基準を持って、優勝者を賛美するわけでもないことを、
 忘れちゃいけない。


 大会は華やかで、 
 見ているのはとても楽しいんだけどね。

 o(〃^▽^〃)o ママはああいうコンテスト見るの好きだね。


 今、日本のミスユニバースを一手にプロデュースしているのは、
 フランス人のイネス・リグロンさん。

 イネスが来てから、
 日本人は、ミスユニバースで高位入賞しやすくなった。

 欧米が期待するアジアンビューティー
 美の基準を移行させていったから。



 今回批判が多かった、パンツ見せの着物は、
 イネスが海外のファッション雑誌のマネをしたものだ。
 
 本人がブログで認めている。
 
 日本一の美人を、
 欧米基準でフランス人スタッフが選び、
 欧米の雑誌で見た「キモノ」を真似をした着物を着せて、

 その「牛皮のKIMONO」は、
 全然キモノでは無い。


 欧米基準に合わせるのもいいけれど、
 でも日本が思う美はコレだ!
 という部分を、
 少々残して欲しい。

 高位入賞できなくても、
 「でもこれが日本の思う美です」 と胸を張ればいいんだから。

 o(〃^▽^〃)o ママ、何度も同じこというよね

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oyabakada.blog121.fc2.com/tb.php/551-feab3a6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。