立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶対入りたくないところ。


 以前、
 地元の新聞に、
 ほぼ一面くらい使って、近頃の田代まさしさんのインタビューが載ったことがあった。

 つらい刑務所暮らしや、
 家族を失ってしまったこと、
 刑務所にいる間に、マスコミが自分について好意的な報道をしなかったことなど、
 つもりつもった鬱憤を語っていて、
 
 で、
 とくに刑務所内の仕事についての愚痴はすごかった。

 人が番号で呼ばれ、
 毎日つまらない作業をさせられて、
 延々と、面白くも無い単純作業を繰り返して、
 自分が人間だと思えなくなってくる、と。

 やりたくもない仕事をやらされて、たまらない、と。


 ( ̄▽ ̄)・・・。

 
 多くの人がイラッとしたんじゃないかと思っていたら、

 その後、新聞への投書コーナーに、

 「罪を犯した人が収容されているところが、
  快適で楽しいところであるはずがない。

  作業が単調でつまらないことなんて、当たり前。
  反省がまだない」


 という厳しい投書が載っていた。


 ( ̄▽ ̄) 私だけじゃなかったか・・・。


 別に個人的に田代さんに恨みも何にもないのだけど、
 自分が田代さんの奥さんや子供だったら、
 それこそ、自分たちの方が、
 「なんで家庭があるのにそんなことをしたのか」と言いたいだろう。

 なのに、刑務所から出てきた彼は、 
 新聞のインタビューに
 「服役中の俺を捨てて出て行ってしまった」みたいに、
 どちらかと言うと、自分を被害者のように主張していた。

 夫婦の間がどうだったのかは知らないけれど、
 犯罪者の家族になりたくてなってしまったワケでもないし、
 冤罪でも初犯でもないんだから、
 もうちょっと家族へのいたわりや、反省の気持ちを持って欲しいなって、
 思ったり・・・

 そこで、
 「何よりもまず、家族にひどい心労をかけてしまった自分を憎みたい」
 なんて言える人だったら、好意的な目で、私も見られるんだけどなぁ・・・。


 『人が名前でなく、番号で呼ばれる世界が恐ろしい』

 うん、
 そのためにそう呼んでるんじゃない?

 やりがいのある儲かる仕事が用意してあって、
 ご飯が美味しくて、
 冷暖房も娯楽もバッチリで、
 看守から敬称つけて笑顔で呼ばれるような刑務所なら、
 私だって入りたい。 ( ̄(││) ̄)

 そんなの罰でもなんでもないし、 
 生活に困った人は、刑務所で暮らすために、
 犯罪を犯すだろう。
 現に、外の暮らしの方がつらくて戻ってくる人は、
 今だっている。

 「入ったら恐ろしい」とか
 「入ったらツライ目に遭う」というのは、刑務所が果たす大事な責任の一つなんじゃないだろうか。

 死刑が廃止されない一つの理由として、犯罪の抑止効果が挙げられるけれど、
 刑務所の待遇だって、同じこと。
 恐れられて、嫌がられなければ、意味が無い。

 この世には、
 悪いことなんかしていなくても、
 つまんない、
 やりがいの無い、
 単純だけど疲れる作業を一日中やって、
 それでもたいしたお金をもらえないことが、いっぱいあるんだよ?

 楽しくてやりがいのある仕事に目を輝かせている人ばかりじゃ、
 無いんだよ?
 
 それでもみんな頑張って働いているんだよ。

 芸能人生活が長すぎて、田代さんには分からないかな。


 安西ひろこちゃんが芸能界に復帰したとき、
 「一般人でいたとき、
  すごく一生懸命働いても1時間900円とかしかもらえなくて、
  社会の厳しさが分かった」
 って言ってた。

 東国原知事も、
 「タクシー代だの外食代だの、お金はどんどん湧いてくるように、
  芸能界で金銭感覚がすっかり麻痺していた。
  普通の学生と一緒に大学に行って、
  改めて普通の人の暮らしや、お金の大切さが分かった」

 って言ってた。


 どっぷり芸能界で生きてきて、
 罪を犯し、家族を失っても、
 友達の支えで、まだ芸能活動ができるのは、
 ものすごく、ものすごくありがたいこと。

 刑務所の文句を言うのなら、
 そういうところに入ることをした自分を責めるのがスジ。

 囚人にも人権はあるけれど、
 被害者の権利や安全を脅かしたりしたからこそ、
 捕まっているんだもの。

 o(〃^▽^〃)o ママ、前も言ったような話をしてるね。

 
 なんだか、何度インタビューを見ても、
 別に刑務所に入って反省してるみたいな感じがしないから、
 人ってそんなものかな、って思って。

 とにかく、
 もう出所したんだから、もう絶対に罪を犯さないで頑張って欲しい。

 それが、今支えてくれる友達や、
 別れた家族への恩返しだと思う。


 私もね、ふと、思うんです。
 別に田代さんが特別なワケでも、世の中の犯罪者が、
 みんな別世界の人なワケでもない。

 犯罪は、特別な人がするんじゃなくて、
 私だって、心の迷いで、ふとそちら側に行ってしまうことなんて、簡単なんだと。

 だけれど、
 刑務所にも入りたくないし、
 家族に心配かけたくないし、
 自分の良心に恥じたくないし。

 そうやって人は、踏みとどまるんじゃないかと思うのです。

 死ぬまで、刑務所に入らないで生きたいな、と思う、
 近頃のアタクシ・・・

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oyabakada.blog121.fc2.com/tb.php/485-e089ab23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。