立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

倍以上大変


 先日、
 双子の育児に疲れ、
 発育が遅いほうの子を殺してしまったお母さんに、
 執行猶予つきの判決が出た。

 育児に疲れきった母親が子供を殺してしまうのと、
 遊び歩いて、子供をほったらかしにして餓死させてしまう例では、
 母親による子殺しと言っても、
 意味が違う。
 
 残されたもう片方の子のためにも、
 お母さんを厳しい罪に問わないことは、
 正しいのかもしれない。


 双子の育児は大変だ。

 1人でも大変なんだから、
 それは当然。

 でっかいベビーカーに2人乗せて、
 えっこらやっこら買い物してるお母さんを見ると、
 「双子だー可愛いー」なんてノンキなこと、
 言えやしない。


 人間の子供は、
 信じられないくらい、ぐにゃぐにゃで、何もできない。

 立つことも這うこともできず、
 新生児は、
 ただ泣いて、ミルク飲んでオシッコしまくるだけだ。

 親がいないと、本当に何にもできない。

 の子が、自分でお乳の元に這って行くのと比べたら、
 大声で泣き叫んでオッパイを求める人間の子は、
 なんて、野生生活に不向きな生き物だろうか。

 天敵が居たら、一発で居場所がばれてしまう。


 普通、子供が生まれて、1人で母親が世話をしている場合でも、
 母親はそれだけに専念できるわけじゃない。

 たいてい、今までどおり、家事を担うこととなる。

 「妊娠は病気じゃない」、という言い回しと同じく、
 「育児なんて、できて当たり前、やって当たり前」って、
 まだ、そんな風潮は、絶対残ってるもんね。

 だけど、東大卒で、バリバリ働いてるキャリアの女性だって、
 子育てには躓いて、ノイローゼになったりするもの。
 仕事は大変で、育児は楽チンなんて、
 そう簡単なものではないのです。

 
 その双子ちゃんは、
 よく泣く双子ちゃんだったらしく、 
 運悪く、ご近所からの苦情もあったそうな。

 周囲からの苦情というのは、
 これはイタイ!

 ピアノの音とと違って、
 「じゃ、止めておきましょう」って止められないのが、

 赤ん坊の泣き声なんだもの。


 止めようと思って止められるなら、
 お母さんだって、こんなに追い詰められることも無かったろうに。

 
 どんなに医学が発達しても、
 やっぱり赤ん坊は母親の子宮ではぐくまないと産まれないし、
 完全に補助してくれる育児ロボットだって発明されてない。

 赤ん坊は夜泣きもすれば、
 病気もするし、
 言葉も通じず、
 母親が疲れていても、病気でも、
 お構い無しに世話を要求する。

 それなのに、検診では、
 発達の遅れを指摘されたり、
 体重や身長が、グラフによって、
 「一般と比べてこのくらい」とハッキリ数字で示されて、

 グラフから外れがちな子の親は、
 焦ったり、
 不安になったり、
 ストレスはたまる一方。

 
 子供を殺してしまったことは、許されざることだけれど、
 この、双子のお母さんの気持ち、
 私にはすごく分かる気がするんですよね・・・


 『昔は昔は』って、
 よく、赤ん坊への虐待や、育児ノイローゼを、
 現代の母親特有のもの のように言う人がいるけれど、
 たった1人で育児をしていたら、昔だって同じだと思う。
 
 病気やちょっとしたことで、
 簡単に子供は死ぬもの、と思われていたような時代や
 虐待死があっても、
 表ざたにならなかった時代と、比べないで欲しい。

 私は、昔だって、絶対虐待死はあったと思う

 司法解剖があるワケじゃないし、
 そんなの、報道されなくて数が分からなかっただけじゃないのかな。

 カッとして殴って殺しちゃったり、
 障害のある子を親が恥じて殺してしまったり、
 そういう事件は、 
 絶対、昔、いっぱいあったと思う。
 
 
 その時代よりも、
 今は、1人の女性の出産回数の平均が減り、
「子供が死ぬこと」も「子供が生まれること」も、
 重大なできごとになった。

 生涯、1回か2回しかない出来事。

 出産のエキスパートは減り、
 社会経験は豊富でも、
 出産は初めてで最後というママも増えた。

 初めての出来事に戸惑いつつ、
 それでも、周囲に遅れないように、
 順調に体も心も成長させようと戸惑う母親たちの苦悩は、
 出生数が減ったから減るというものではない。


 世の中、外で働く男性たちにも、
 ストレスはいっぱい。

 そして、泣く赤ちゃんも、
 騒ぐ子供も、
 本当に、うるさくて面倒な生き物。

 それでも暖かく見守っていく、家族の愛と、
 周囲の優しさがなければ、
 子孫を残していくということが、
 地域社会による子育て支援が、
 
 成り立っていかないように思う。

 o(〃^▽^〃)o ママ、ぼくうるさいの?
 ( ̄(││) ̄) まあ、子供だからね。
 
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2009/07/19(日) 21:58:14 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oyabakada.blog121.fc2.com/tb.php/477-a1915e1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。