立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殺人はゲームじゃない。


 テレビ番組で、
 「時効は必要かどうか」という討論を見た。

 多くの人が、
 それは必要ではない、
 新たな確実な証拠が出てこようとも、
 犯人が時効後に分かっても遺族が何も出来ないなんてオカシイと、賛同。

 そして子供を殺された遺族は、こう言った。

 「遺族に時効は無いんです・・・」


 犯人が捕まれば遺族が幸せになるとか、
 そういう話じゃない。

 ただ、法治国家である以上、どんな凶悪事件だろうとも、
 一定期間逃げ切ればゴール♪
 ゲームクリア♪
 もうあなたは誰にも捕まりません。

 そんな、ゲーム強調文みたいなことが許されるなんてオカシイでしょ。(-_-#)
 
 悪いことをしたら捕まる。
 罰がある。
 
 でも、時効の一日前に捕まれば有罪で、
 時効の日さえ過ぎれば、まったく無罪だなんて、
 それはオカシイと言いたいのです。


 大竹まことさんは、
 時効は必要だと言う。

 「絶対に許さないなんてさぁ・・・
  遺族にも、許す気持ちを持って欲しい」

 ( ̄(││) ̄) は?


 犯人が出てきて、
 全財産を投げ出して、
 土下座して謝っているワケじゃない。

 わが子を殺した犯人や、
 大切な恋人を強姦殺人した犯人が、
 25年逃げ回ったら無罪になると言われて、どうして寛大にならなきゃいけないの?

 わが子のためにも
 絶対に犯人を許さない!
 自分が絶対に犯人を見つけ出してみせる!

 遺族がそう、心に誓うことは、
 「心の狭いこと」 なの?

 妊婦さんが胎児ごと殺されたとしたら、
 夫はきっと、25年経っても、
 もし妻と子が生きていたら、今頃孫が生まれていたかも!って、
 そりゃ永遠に悲しみますよ。
 犯人を恨みますよ。
 
 だって犯人は、もしかして、
 まったく周囲に疑われず、
 結婚して就職して、
 幸せに暮らしているかもしれないんです。

 罪の呵責に押しつぶされそうになることもなく、
 悪夢も見ないで気楽に過ごしているかもしれないんですよ?

 許さないことは、
 心の狭いことですか!?




 それに・・・

 法的に許されることと、
 遺族が感情的に許すことは、
 別の話。


 遺族の感情と、時効は関係ない。

 例えば、
 無差別殺人事件が起きて、
 被害者が嫌われ者で、殺したことで犯人がみんなに感謝されたとしても、
 それでも殺人犯は殺人犯。
 
 遺族が許すと言ったって無罪にならないし、
 許さないと言ったって、刑は重くならない。

 o(〃^▽^〃)o 情状酌量とかあるけどね。
 ( ̄(││) ̄) でも、犯人が全然反省してなかったら、遺族が許しても酌量されない。

 そんなワケで、
 時効25年には、私は相変わらず反対です。

 何度もしつこく書いてますが、
 反対です。

 25年間、誰にも疑われることなく犯人が悠々と暮らし、
 時効が過ぎた瞬間に、

 「ついに時効だぜ!アレをやったのは俺なんだぜ!
  こんな風に楽しんで殺して、いまでも全然反省してないぜ!」
って、

 愉快そうに証拠を見せびらかしながら罪を告白しても、
 殺人や遺体の遺棄を自慢したとしても、罪に問うことができないなんて、
 
 ( ̄(││) ̄) やっぱりオカシイ・・・


 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oyabakada.blog121.fc2.com/tb.php/470-67b004a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。