立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンバン叩け!

 夕方の報道番組で、
 人気焼肉店が美味しさの秘密を公開したら、
 HPが炎上するほどの騒ぎになったそうな

 アタクシも偶然その番組を見ていたので理由は分かるんですが・・・

 簡単に説明しますと、
 不況でも繁盛している焼肉店などを取材したコーナーでのこと。

 ある焼肉店では、
 韓国から招いた焼肉のプロに肉を調理させ、
 なるべくムダが無く、オイシイ切り方をしたり、工夫をしているそうな。

 その方法の一つとして、
 丸ごとの牛タンを掴んで、
 床にバンバンと叩きつけるというものが紹介された。

 ( ̄(││) ̄) 床ですよ。歩くとこ。


 アタクシもぎょっとしましたが、
 多くの視聴者もギョッとしたらしい。

 やっぱり、保健所などにも、あれはいいのか!?という問い合わせがあったとのこと。

 さらに、批判が高まってビックリした料理人は、いつもやっていることなのに、
 慌てて「あれは取材用のヤラセだ」と言ってしまい、
 さらに問題はややこしくなった。

 肉は、確かに普段から床に叩きつけており、
 それは美味しくするための裏ワザ。

 そして、床で叩きまくったあと、
 タワシでキレイに洗うんだそうな。


 問題は、清潔かどうかということとは、
 ちょっと違うような気がする。

 例えば、
 もし、完璧に除菌された、無菌で清潔な長靴と床であっても、
 歩く場所に肉が置いてあったりしたら、なんとなくイヤだ。

 市場じゃマグロがそのまま置いてあったりするけれど、
 マグロには皮があるし、なんか違う。

 ヒザをついて靴をおなめ!というのが相手を侮辱する言葉であるように、
 足や床というのは、清潔であっても、相手に対して失礼なもの。

 だから、そういうお肉を食べるということに、
 違和感を覚えるんじゃないだろうか。


 これからは肉を叩く方法を変えるそうだけど、
 悪いとか不潔だと思ってないからテレビで堂々と紹介したワケで、
 なんだか、取材を受けたことがアダになってしまったザンスね。

 人気料理店の裏側をのぞけば、
 かの有名料亭で食事の残りが使いまわされていたように、
 そんな問題は、いくらでもボロボロ出てきそうな気がする。

 今回言われて、
 経営側も、自慢して公開したことが、一般的な感覚とずれていたことに驚いていることでしょうが、
 つい、やっているうちに、「非常識かも」という感覚が薄れていくことって、けっこうある。

 たとえ、外食は信じられないからと家で料理するにしても、
 肉や魚は、やっぱり、お店で買ってくることがほとんど。
 原料をさばく過程で、一般の人が見たら、顔をしかめるようなことが、
 あるのかもしれない。

 以前有名大型スーパーで、
 鮮魚コーナーのパートさんが、
 床にごろっと落ちた冷凍カレイを、顔色一つ変えず、
 手で拾って鮮魚ケースに戻すのを見たことがある。

 もともと、パックに入っていない、その場で客が袋に入れるような魚は、
 客や子供が汚い手で触ったかもしれないから、あまり買わないアタクシですが、
 その光景にはギョッとしました。

 鮮魚コーナーの中で、いつも落とした魚をそのままパックしているから、
 店内の客の目の前でも、つい同じことをしちゃったんでしょうね。

 食の安全って何かしら、とか、
 安くて美味しいものを食べたいけど、それは本当に安全かしら?

 なんて、改めて考える、本日の三十路。


 たとえ清潔な足であっても、
 米俵を踏んづけたり、踏み台にしちゃいけない。
 清潔であると同時に、気持ちも大事なんだよ。
 そういう、「食べるものを敬う気持ち」、食材を大量に扱う飲食店も、
 忘れないで欲しいアルヨ・・・

 o(〃^▽^〃)o お米を踏みつけると、地獄に落ちるんだよ
 ( ̄(││) ̄) そうよ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oyabakada.blog121.fc2.com/tb.php/431-adcd7d99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。