FC2ブログ

立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

遊びじゃないのよ パンチは。

 日々、
 子どもが亡くなるニュースに、胸が痛い。

 とてつもなく、痛い。

 ガスパン遊びで学生死亡、なんて記事もあったけれど、
 そんな呼び方してるからハードルが低くなるんだよ。
 シンナーの吸引とかといっしょじゃないか・・・
 「有毒ガス吸引」とか呼ぶべきだよ・・・。

 呼び方がどうであっても、
 子どもは時に、
 思いもしない危険なことをする。

 この間も、花見している家族の小学生が、
 ふざけてウンテイの上で飛んでいて、落ちるトコを見た。

 一瞬息が止まって青ざめた子どもは、
 さっきまで小さい子たちを脅かしていた勢いはどこへやらで、
 急にべそをかいて、
 大きな体なのに、ママに抱きつきに行った。
 ( ̄▽ ̄) まだまだ子どもだねぇ・・・

 あれだって、
 打ち所が悪ければ死ぬワケで、
 うちの子だって、他人事じゃない。
 公園での死亡事故だって、よく起こるんだもの。


 近頃ね、
 嫌な言い方かもしれないけど、
 不良をかっこよく描いた映画が、またヒットしているので、心配。

 ドラゴンボールみたいに、
 手から光線が出るような話なら、
 いくらなんでもフィクションだと、子どもたちは分かるだろう。

 だけど、
 不良映画ってのは、ビミョウなライン。

 一応は、子どもに言っておいて欲しい。

 映画のビール瓶は、簡単に割れるヤツなんだよ、 
 普通のビール瓶で殴ったら、けっこう人は死ぬよ?
 みたいに・・・。

 人は、たくさん殴られたら、
 死んだりするもんなんだよ?
 そんなつもりじゃなかった って言っても、
 生き返りはしないんだよ? と。

 子ども同士のケンカや遊びで誰かが死んだら、
 残された家族も、
 殺してしまった加害者たちも、
 その後、大きな不幸のどん底に落ちる。

 クローズドゼロの第一作目をテレビで見て、
 合成なのだけど、
 ノーヘルでバイクに乗った少年が、
 車に激突しても平気で走っていくシーンにブルーになった。

クローズZERO スタンダード・エディション [DVD]クローズZERO スタンダード・エディション [DVD]
(2008/04/18)
小栗旬山田孝之

商品詳細を見る

 ・・・人の体は、そんなに丈夫じゃない。

 映画としては、面白い。

 だけど、あまりによくできた合成シーンは、
 漫画ならいいけど、
 実写で見せられると、怖くなる。

 ノーヘルで車に激突したら、
 普通は死ぬ。
 脳に障害を負って、寝たきりになったり、
 長いリハビリが待っているかもしれない。

 死ぬってことは、
 リセットできないのだと、子どもたちは分かっているだろうか・・・
 
 「知っている」んじゃなくて
 心で現実として分かってくれているだろうか・・・


スポンサーサイト



テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

コメント

「売春」を「援助交際」と呼んでみたり、
「覚醒剤」を「スピード」とか「S」とか呼んでみたり、
「借金」を「キャッシング」と呼んでみたり、
「月賦」を「ローン」と呼んでみたり。
呼び方が変わったからと言って、内容が変わるわけじゃないのに、
どうしてハードルが低くなると思っちゃうんでしょうかね。
…危機感が薄れちゃうのかしら。

  • 2009/04/13(月) 00:24:41 |
  • URL |
  • Chiho #ENAFq3jc
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oyabakada.blog121.fc2.com/tb.php/359-d2464b65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)