立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

監獄と施設の違い

 群馬県渋川市の高齢者施設「静養ホームたまゆら」の火災に関する話。

 入居者16人中
 10人が亡くなるなんて、
 火災への備えは、無かったに等しい・・・


 この施設については、
 近隣の住人も、お年寄りを放置しているのを目撃したりしていて、
 問題の根は深い。

 独居老人の介護について、
 関東圏ではすでに大きな問題になっている。

 福祉の手が足りず、
 東京で無くとも、近郊の民間介護施設に任せて、
 遠くにやってしまうのだ。
 「お年寄りの島流し」

 生活保護や年金で、
 施設側は料金をきちんと徴収できる。

 けれども環境は劣悪で、
 脱走を図る入居者がいたり、
 衛生管理も栄養管理も無く、
 無認可施設であることも。

 なのにナゼなかなか発覚しないかと言うと、
 住所が東京に残してあるので、
 実際にいるのが千葉や群馬でも、
 民生委員がチェックすることができないから。

 意図的に、住所を東京に残しておくのです。
 
 はっきり言って、「監獄」


 逃げる体力や帰る場所が無い人も大勢いる。
 実際に東京まで逃げてきたお年よりは、
 「殺されると思った」とか
 「逃げないと地獄だ」などと言っている・・・


 今回、
 火災があったとき、
 入居者は、外に出ないように、ドアにつっかい棒がしてあった。

 火災に気づいたとしても、
 外から閉じ込めてあるんだから逃げられるはずがない。

 
 子どもの施設でも、
 しつけと称して子どもが殺されたりした事件が、今までにもあった。

 子どもは、学校や家庭が、世界のすべて。
 だから、学校でいじめられただけでも、
 命を絶つきっかけになったりする。

 だから、住む場所もかねた教育施設で、虐待があれば、
 もう、そこは逃げられない地獄でしかない。

 行く場所の無いお年よりも、同じ。
 
 東京とは、
 「民間施設の劣悪な環境は分かっているけれど、 
  他に保護する手段が無いから送っている」
 と言っていた。

 言い分は分かる。
 税金は湯水のように使えない。

 だからって、こんな火災事故が起きても、
 入居者が過酷な状況で、
 逃げられないようにしてあったと分かっても、
 それでもまだ、
 郊外の施設に老人を送り続けますか?

 将来の自分の姿かも、と思っても、
 やりますか?


 給付金が配布されたとか、
 高速道路料金を1000円にして、足りない分は一般財源で補充、
 というニュースが流される一方で、
 福祉のお金が全然足りず、
 生活保護を受ける独居老人の、「島流し」は続く。


 戸塚ヨットスクールの元教員の方の話しを聞いたときにも思いましたが、
 「保護施設」や
 「教育施設」と、
 「監獄」との違いは、


 外から施錠されているかどうか。

 だと思います。

 
 死者、行方不明者を多数出した「戸塚ヨットスクール」について、
 石原東京都知事も、支持を表明しているそうですが、
 各部屋に外から大きな南京錠がつけられているのを見ても、
 石原さんは賛成だと言えるのでしょうか。

 外から施錠される施設で、
 シツケや教育など、ちゃんちゃらおかしいざんす。
 それは、有料で人を閉じ込める、
 監獄でしかありません。


 追伸

 精神疾患や、痴呆などがあって、
 やむをえない施錠もあることは、理解しております。
スポンサーサイト

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oyabakada.blog121.fc2.com/tb.php/333-c38fed1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。