立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風がきたぞ


 先日の大型台風の爪あとはまだ生々しく、

 現在も行方不明者の捜索は続く・・・。

 
 たいした被害もなかった地域もあれば、

 ほんの少し離れた地域では暴風で建物が吹き飛んでいたり。

 同じ県内でも、被害の状況はさまざま。


 今回、土砂崩れで大惨事が起きた地区では

 避難勧告が遅れたとか、全国から非難も相次いでいるのだけれど・・・


 勧告があれば良かったのかどうか、今となってはなんとも言えない。

 
 あの大震災の津波のときも、

 避難所に避難していて、その避難所ごと津波で流されてしまった人もいるのだから。


 避難勧告は大事だ。

 今回、早く避難勧告を出さなかったことや、

 市長や責任者が帰宅していたことが問題視されているけれど、

 けれどそれだと

 今後はバッシングされないためにも、避難勧告を早く出してしまおうということに

 つながらないだろうか。


 避難勧告がすぐ出されるようになると、それが軽視されそうで、そこが怖い。

 慣れてしまいそうで。



 避難勧告が出ていようと、出ていまいと、

 逃げた方がいい場合もある。

 
 出社しなければクビだと思っても、職場までの経路が明らかに危険なら、

 命のためには休んでもいいと、私は思う。

 勝手に休んじゃダメだけど、命がけで出社しても、職場は命は返してくれないから。


 
 役所づとめの、ある人が言っていた。

 台風のときの身回りは、交代で当番制なんだそうで、

 「市民のためにやるのは当たり前なんだけど、本当に危ないときに
 
  本当に危ない場所を1人で見回らないといけないんだから、まず流されるのは自分なんだろうな」

 と。



 だから、家族を持っていない人が、優先的に危ないところの視察にされると、

 その部署ではそうなってるらしい。


 天災で亡くなった場合、家族がかわいそうだから・・・幼い子供が居たらいけないから。



 まあ、それは別の話として、

 とにかく、遅れた警報や避難勧告の話を、今しても、

 亡くなった方は戻ってこない。


 とにかく少しでも可能性があるなら生存者を探して、バッシングより先に、

 次ぎは自分のところかもしれないと思わなきゃ。

 温暖化で、秋になっても台風は来る。


 避難が早いと笑われても、命を失うよりはいい。

 そう思って、逃げて欲しいと思う今日この頃。


 また、台風が近づいているそうで、心配。

 10月も半ば過ぎたのに。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oyabakada.blog121.fc2.com/tb.php/1579-bfb4192d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。