立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川越シェフと平均年収


 川越主婦騒動。

 まだおさまらないみたいで、謝罪していますが・・・。
 ネットでは言葉が独り歩きしがちとは言え、
 「一度言った言葉は戻らない」ということを、つくづく痛感するできごとでした。

 有名店なら水を出すだけで料金をとるのは当然・・・なんでしょうかね。

 誰もが思ったでしょうが、
 有名な老舗料理店で、たとえ名水を汲んできて出してきていても、
 料理で勝負している以上は
 「水は別料金です」とは言われないことが多いと思うんだけど。

 有料なら、別料金だったり。

 私の数少ない海外旅行体験でも、
 水が有料ならメニューに載ってたもん。





 それにしても、軽い気持ちで言った言葉かもしれないけど、
 年収で客層を区別してしまったのはまずかった。

 日本の平均年収が数百万程度であっても、
 億を稼ぐ人も居て、
 そして、200万円以下で暮らしている人も大勢要る。

 いわゆる「セレブ」はそんなに多くない。

 
 そして「セレブ」だとしても、
 中途半端に「うちはお金持ちのための、分かる人のための店ですから」と宣伝し、

 テレビでは主婦の味方のように笑顔を振りまくシェフのお店に、
 足を運ぶだろうか。

 少なくとも、シェフが多忙であまり店にいない店に・・・。



 庶民お断りのようなことを言ってしまったら、
 小ばかにされたようで信頼は失う。

 そして口の肥えたお金持ちなら、流行に左右されずに落ち着いたお店を選ぶかもしれない。

 料理人ではあっても、有名人になってしまったために
 うっかりしてしまった失敗。

 それが、「本音」なんだろうと思われてしまったことは、
 謝ってもなかなか消えないような気がする。

 残念・・・。




 言葉には、力があるから。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。