立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死なせたら困る

 また、救急患者がうけいれてもらえず、救急車が受け入れ先を探したが
 間に合わず死亡するというニュースを見た。

 20以上の病院で断られて
 病院探しで3時間待ったと言う。

 救急隊員の無力感と焦り、
 患者さんの苦しみを思うと、
 やるせない。



 やるせないのだけど、
 じゃあ、絶対受け入れろと病院に言えないのも現実。

 医者だって休みたいし、
 もし満床なのに受け入れて、治療後も十分に手当てできる状態でないと、
 受け入れたものの、他の重症患者さんの手術が遅れたり、
 問題が起きることもある・・・。

 寝ないで頑張るのが医者だと言ってしまえばそれまでだ。
 聖職なんだと言ってしまえば。


 以前、病院の片隅で事務をしていたときに
 さまざまな苦情を「ご意見箱」から回収した。


 ○夜間外来に来たときに、研修医があくびをしていた!どういうことだ!

 ○待ち時間が長いのにお茶も出ない。コーヒーも雑誌もない。
  病院はサービス業なのに勘違いしていませんか?

 
 うーん。

 患者を増やしたい開業医ではなく、大きい病院で各場所に雑誌を置いたら、
 片付けない人がいて散らかったり、持ち帰っちゃったり、
 管理に手間とお金がますます掛かる。

 それくらいなら優秀な人材にお金を払ったり、医療設備を充実させたいじゃない?
 だから、お茶は?雑誌は?ってのは
 何か違う気がするんだよね・・・。待つのは退屈だけれど。




 病気で苦しくて夜間に慌てて病院に来たのに、
 ドクターがあくびをしているのを見てしまったら、腹が立つかもしれないけど、
 夜に働いているんだから、そういうこともある。

 正直、夜、医師が常勤しているだけでも
 本当は大変なんだもの。

 つらくて「開業医の方が夜勤がなくていい」と、ぼやいている先生はいくらでもいる。

 患者を救おうと、自らの睡眠も自由時間も削って必死で生きる先生もいれば、
 それより家庭や自分の生活も大事にしたい人もいる。
 仕方ない面もあるんだよね・・・。


 たらいまわしは、確かに怖いことだ。

 自分が倒れたときに、
 救急車は来たものの、受け入れ先がなくてそのまま待機だったら、
 救急車の中で何時間も待って死んで行くとしたら、
 やりきれない。


 一つ言えることは、
 病院側は
 無理に重症患者を受け入れたことで、死なせてしまったら責任問題になりかねない、ということ。

 それがあると
 どうしても断ることが多くなる。


 妊婦もそうだけれど、健診にもちゃんと行っていない人が救急搬送されても
 断る病院が多いのは、薄情だからだけではない。

 診た事のない患者さんは、今までの既往症も分からないし
 HIV検査などもしていない。
 肝炎とか、そういうことも分からないのに受け入れて、死産になったりすると

 裁判になってしまうから・・・。


 遺族からの反発や、
 患者の死亡率の上昇が怖い。

 そう病院に思わせてしまう状況が変わらなければ
 たらいまわしは続くと思う。

 
 お医者様は神様です、とは言わない。
 偉ぶって嫌なドクターも、当然、いる。

 けど、
 患者様は客だぞ!というわけでもない。

 
 どっちも協力が必要なんだよね・・・

 
 大変ですが、なるべく受け入れてくれる病院が増えますように。
 


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。