立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投票しないのは抗議になる?


 驚くほど低い投票率だった今回の選挙。

 確かに政治家にあまり期待できず
 誰に投票してもよくならないような気がするものの、
 だからと言って、選ばないのはどうだろうか。

 せっかく権利があるのに。

 平民や女性が、過去に選挙権をどれほど求めたことか。
 数少ない、自分の小さな権利を求めて戦ったことか。



 選挙権の価値をどうこう言ってキレイごとでまとめるつもりはありませんが、
 自民党が圧勝した今回、

 例えば、選挙を棄権した人は、
 自民党に投票したのと同じことになる。

 投票しない、ということは
 「当選した人に無条件で賛成します」ということに他ならない。

 反対の票を投じたわけではないのだから
 結果に対して文句を言うことはできない。


 たとえ、この先自民党の舵取りがおかしくて、日本が迷走しても
 「私は投票してないんだから、自民に投票した人が悪い」と、人のせいにはできないのだ。

 と、アタシは思う。


 無条件で賛成します。
 自分の権利は放棄します
、っていうのが、棄権だと思うから。


 
 しかし・・・
 投票率が6割以下って言うことは、

 投票できる人が10人居たら、4人は行かずに
 残った6人が決めた結果に無条件で従うことになる。

 もし、この6人のうち、たった一人が押す政治家が居ても、当選できない。
 
 でも、行かなかった4人がその1人に力を貸し、
 同じ人に投票したら、一気に10人のうち、5人が推す候補になって、ほぼ当選確実。

 4割っていうのは、それくらい大きな数字。



 どうして投票に行かないのか。
 与えられた小さな権利なのに。
 いつでも行使できるワケでもないのに。


 投票しないこと。


 それは「行かないという抗議」ではなく、
 どんな結果になっても賛成するしかない、ということなんだと。

 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oyabakada.blog121.fc2.com/tb.php/1523-f4ba5880
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。