立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご近所トラブル・・・?


 仕事に行っている間に
 立てこもり事件があったようで・・・

 年配の男性が女性と立てこもり
 そして結局、2人とも亡くなった。

 立てこもり犯は86歳の元警視だったそうだけれど、
 どうもご近所の女性と
 農薬をまいただの、だから体当たりして止めただの、

 ご近所トラブルがあったらしい・・・。



 私も、実家に居る頃には
 ご近所トラブルらしきものがいろいろあった。

 (今は入れ替わりの多いアパートなので付き合いもないのだけど)



 その中でも多いのが
 騒音や違法駐車・・・だったかな。


 
 夜中にも吠える犬を、わが子のように可愛がっている家庭と、
 吠え声で眠れない一家が隣り合っていた。

 吠え声で眠れない一家が、
 せめて夜中だけでも何とかして欲しいと言いに行くと、

 「うちの可愛い犬をうるさいだと!」と
 愛犬家のご主人が怒鳴り込んできて、騒動になった。

 結局、吠え声くらいで怒ってすいません、と
 眠れない一家が謝罪して折れたので
 その犬が亡くなるまでガマンし続けることで、
 大きなトラブルに発展しなかった。

 ひたすら、ガマン。


 もし、万が一その犬が異物でも食べて死んでいたならば、
 苦情を言った一家は
 毒を盛ったとか、濡れ衣を着せられて逆恨みされていたかもしれない。

 結局は、どっちも言い分はあって、
 どちらかがガマンしなければ治まらないのが
 「ご近所トラブル」なのかもしれない。

 だって、
 ご近所なんだもの。

 毎日、会っちゃったりするんだもの。



 わずかな恨みも、
 毎日続けば積もり積もっていく。

 その間に、価値観の違いや誤解も重なれば
 さらにそれは大きくなる。



 我が家も、今になって思えば
 ご近所に迷惑もかけていた。


 葉が落ちる木を植えていたのに
 母はあまり家の周りを掃除する性格ではなかった。

 落ち葉はご近所や道に降り積もっていた。


 父は雑草が気になるから、と除草剤をまいたこともあった。

 土地はつながっているのだから、
 裏の家の花も、つられてしおれてしまった。

 今にして思えば、
 周囲の人も、それなりにガマンしていたんだろう。
 
 それが、同じ土地で暮らしていくということだから。



 我が家も、もちろん近所の問題には
 ガマンしていた点もいっぱいある。

 誰もがそれぞれ、ガマンして生きていくもんなんだよね・・・
 定住するってことは。


 だけれど、
 「度を越えた」迷惑は、ガマンしきれない。

 自分が引っ越すのは大出費だし、
 なぜ自分があんな人のせいで越さねばならないのか、と思えば
 納得もいかないわよね。


 今回の事件が、
 一体どんな経緯で
 どんな思いが交錯していたのかは
 当事者たちが亡くなったので、なんとも言えない。

 でも、加害者は80歳を越え、
 男性の平均寿命を越え、

 そしてこんな最期を迎えると思っただろうか。


 どこかで、ブレーキをかけられなかったんだろうか、
 2人とも・・・。

 「亀の甲より年の功」という言葉が、薄っぺらく思えてしまった
 本日の三十路。




 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oyabakada.blog121.fc2.com/tb.php/1507-ac74f3bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。