立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神隠しじゃ済まない


 6年生の女の子が
 かばんに詰められて連れ去られるところだった、と言うニュースを聞いて
 背筋が凍った人は、
 私だけじゃないだろう。

 6年生と言えば
 かなり体も大きい。

 体力もある。

 だけれど、かばんに詰めようと、 
 連れ去ろうとしてしまえば
 できないことはないのだ。

 今回は女児に意識があって声が出せたことと
 タクシーで移動したので運転手が気付いたことが救いだったけれど

 もし、大形の旅行鞄で
 キャスターがついて自分で移動できるものだったら
 どうだったんだろう。
 
 自分で車を所有していて
 自分で運転していったとしたら?

 恐ろしい結末を想像できなくもない・・・。

 子を持つ親なら
 震え上がったことだろう。


 もちろん女の子の親はともかく、
 男児なら大丈夫という保証はない。
 
 お金目的でもないなら
 裕福な家庭だけが用心すればいいわけでもない。



 オートロックのマンションであっても
 まったく油断はできはしない。

 怖いのが「隣人」である可能性は、いくらでもあるのだから。



 世の中に怪談はいくつあれど、
 やはりどう考えても怖いのは、生きている人間だ。

 何を考えているか分からない。



 「行方不明」とされたまま、ずっと解決していない幼児の行方不明事件も、まだある。
 成人だって
 本人が自発的に家出したのか分からないので
 うやむやになっていることも、ある。

 自分が美人だとかお金持ちだからとか
 そういうことは関係なく、
 誰しもそんな風に
 「消えて」しまうこともあるってこと。それは他人事じゃない。

 そしてもし見つかったとしても
 すでに命がなければ、
 犯人が捕まっても、救いにはならない・・・。




 
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。