立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塩って新しいことじゃないんですよね

 熱中症で運ばれる人も多かった
 猛暑の今日この頃。

 暑い中、
 部活やら外回りやら
 休むに休めなくて
 体力は暑いだけで吸い取られていきます。



 でもふと、
 昔読んだ、
 昭和初期の頃の
 それこそ「テレビが我が家に欲しい!」とか
 「氷の冷蔵庫」の時代のお話を思い出しました。

 その中で、
 汗だくになって工場で働くお父さんは
 工場の隅に
 いつも山盛りの塩
 薬缶に入れた水や麦茶を用意していました。

 「汗をかいて
  水だけ飲んでたら倒れちゃうんだよ。

  こうして塩を一緒に飲んで補給するもんだよ」


 そう、子供に教えてましたっけ。
 50度を越すような職場で。

 塩と水がセットって
 本当は新しい発見じゃないんですよね。

 古くから、知られてはいたんですよね。


 ただ、それが学校現場や部活動で
 徹底して知られてない部分もあったのかも。

 それから
 室内に居ても熱中症になるってことも。



 昔より暑くなったといいますが、
 確かに私は、
 体力も落ちたのか、
 そう思います。

 暑い!

 そして、直射日光はみるみる体力を奪います。


 カーッとヤカンから直接水を飲み、
 塩を舐めて、日本の高度経済成長を支えてくれた人に感謝しつつ、
 でも、
 いい日本になったのかなーと、
 戦後の人たちが目指した、経済成長を遂げた立派な国になったのかなと、
 考えたりする、

 そんな三十路。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oyabakada.blog121.fc2.com/tb.php/1481-3d4f6813
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。