立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正論なのに

 前にも書いた話だったらごめんなさい。

 
 私近頃、
 ある人からよく子育て論を聞かされるのだけれど
 それがまあ、けっこう正論なんですよ。

 そうだねぇ、
 まったくその通りだねぇ、
 と思う事ばかり。

 だからその人は胸を張って言うし、
 私の家庭の子育てについても助言をしてくれる。

 ので、もちろん反論せずに聞いている。


 そうですよねぇ、とも言う。
 
 習い事もさせているご家庭なので
 私にも
 小さい頃に何を習わせるべきか、いつもアドバイスをくれる。

 英語に水泳に、いろいろやらせているらしい。
 
 そうですねぇ、いいですねぇ、と聞く。



 でもまだ
 まだ一回も

 その家の子から挨拶をされたことがない。


 私がおはようと言っても、
 さようならと言っても
 返事はない。

 だいたい無視するか、
 携帯型ゲーム機でゲームしながら歩いている。

 「照れちゃう年頃なのよね」


 うーん。

 うーん。

 うーん。



 私なら自分が挨拶して、
 子供にも挨拶をするように言うし、
 「目上の人には自分から挨拶しなさい」と言う。

 あまりにも礼儀正しい子供も怖いけど、
 子供が挨拶もしないのに注意しない親も、なんか嫌だ。

 そしてそれなのに
 私に対してことあるごとに「子育て論」を語るということは
 アドバイスをいっぱいしてくるということは

 「タガメよりは私が上だ」
と認識していることになる。


 いつも私を見下しているんだな、
 自分が上にいる人間だと思っているんだな、
 子育てに自信があるんだな、
 教えてあげようという気持ちでいるんだな、
 それは気持ちいいだろうな、
 と思いながら
 今日も彼女のアドバイスに黙って頷く。

 頷くけれど、
 やっぱり心の中では
 「挨拶しても返事しない子に英語を習わせてどうする」

 ちょっとだけ思っている、タガメ。
 
 


 挨拶されたら
 返事くらい、するべし。

 英語より、大事。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。