立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どぉすればいいんですか!

 ピグ・ピグライフの15歳未満への規制について
 一個前の記事で書いたのだけど

 いやー・・・
 反論コメントを読んでいて
 つくづく感じました。

 世代のギャップを。


 アタシは三十路なので
 物心付いた頃にはピンクレディーは解散していて
 就職前にバブルはとっくにはじけていた世代ですが

 それでも昭和生まれ。


 書き込みを見て
 そうかー、今の子の考え方は根っこから違うわー、としみじみ。

 もちろん、ネット上で「規制するスタッフは全員死ね!」とか書いてる子を
 今の子はみんなこうに違いない。と見てるわけじゃないですよ。

 そうじゃなくてですね、

 まじめに書き込んでるらしいことを読んで
 根本的なところの差を感じるんですよねー・・・


 「どぉしてチャットまでできなくなるんですか。
  大人なら子供の楽しみを奪っていいんですか。

  チャットを禁止したら
  遠くの友達とはどうやって話せばいいんですか!
  どおすればいいんですか!

  ケータイ持ってる子供ばっかりじゃないんですよ!」


 ( ̄▽ ̄;) どおすればって。



 もちろんあたしたちの子供時代には
 ケータイなんて無かった。
 
 家の電話だって
 勝手に使っていいもんじゃなかったし、

 遠くの友達と話したかったら
 たまに電話するか
 手紙を書く程度だった。

 
 遠くに住んでいる友達と
 普通に毎日会話できるものだ、と思って育った彼らとは
 まったく違う。


 遠くの友達と毎日会話できないから何なんだ? と
 正直アタシは思ってしまう。

 そんなことを言えば
 もちろん
 世代格差がありすぎて理解してもらえないのだろうけど

 
 遠くの友達と

 どうして毎日しゃべらねばならないのかい?








 「とおくの友達と話すにはどおすればいいんですか!」

 と、そういう考えが浮かんでしまうこと事体が
 発想がまったく違うなー、と思った次第。





 それがあって当たり前の生活しか知らないで生きていたら
 無い場合に
 「無いなら無いでいいや」と思えないのかもなぁ。

 水道や電気のように。

 
 本当は別に遠くの友達と毎日話さなくても生きていけるのに
 「毎日話さなくてもいいや」とは発想が転換できないことが
 もったいない気がするけれど。

 荒れ放題のコメント欄を見て
 いろいろとしみじみ考えたアタクシ。



 ツイッターもチャットも
 ついこの間まで無かったもので
 無くても人は生きてこられたのに。

 
 ・・・。

 
 古臭い大人の話だと、鼻で笑われそうだけれど
 ケータイやパソコンが無いと
 「どおすればいいんですか!」となってしまう子どもの生活が
 
 味気ないものに感じてしまった三十路。


 アタシ、その頃には
 図書館で借りてきた本、読み漁ってたけどなー



 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oyabakada.blog121.fc2.com/tb.php/1417-f3b3cdb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。