立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

50年後が想像できない。


 突然ですが定期借地住宅って
 けっこうよく聞きますよね。


 定期借地権
 定期借地住宅
 定期借地マンション

 いろいろあるのだけれど 
 つまりは土地は買えず
 土地だけはもとの所有者のもので
 地上を利用する権利を年数限定で買うもの。

 期限がきたら立ち退かねばならない。

 だから、
 普通の住宅よりも割安であることが多い。


 だって代わりに、
 永遠に自分のものにはならないのだから。


 一戸建ての定期借地住宅を買っても
 子々孫々が済み続けづことはできない。

 期限は最初に契約して決まってるのだけど、
 50年程度のものが多い。

 返却の際には、 
 普通、地上の建築物は
 居住者の負担で解体し更地にして返さねばならない。


 更地にして返すとしても、
 安く買えるからいいの?
 メリットデメリットを考えると
 難しい。

 だって、定期借地権という制度ができたのは
 そんなに昔でもないし
 物件が増えてきたのも近年の事。

 つまり、借地権が終わって
 期限がきたから更地にして円満に立ち退き完了と言う、
 実例がまだほとんどないのだから。


 人生は80年程度と考えれば
 30歳のときに50年期限の定期借地マンションを買えば
 ほぼ終生そこで暮らすことができるかもしれない。

 財産を継がせたい子供がいないとか
 子供が海外にいるとか
 そんな場合には持ち家を残した方が
 逆に面倒なことになるとも考えられる。

 だけれども、
 これから50年先、
 そういう人々が長年住んでいたとして、
 50年後に、問題なく更地にして
 返却することができるんだろうか。


 50年の間には
 居住者が亡くなることもあるだろう。
 期限が来る前に亡くなったりした場合、
 あと数年しか住めないマンションが売れるとは考えにくい。

 櫛の歯が欠けるように
 居住者が引っ越したり
 亡くなったりしていった場合
 50年が過ぎたとき、
 残った居住者が更地にして返す余力はあるだろうか。

 おそらく、定期借地マンションの積立金が高めなのは、
 そういう場合に備えるためもあるんだろう。

 いつか来る、返却にも備えて。


 先のことを考えていたらきりがない。
 だけど通常のマンションや団地だって老朽化する。

 団地自体全体が高齢化して
 過疎化して問題になっている場所もある。

 それでも団地や一般マンションなら
 行政や若い居住者の努力で
 リフォームして生まれ変わったり
 手入れがされることもある。

 でも、いずれ壊すことが決まっているマンションなら?





 なんて思うのは、
 家が欲しくて憧れて検索すると
 安くて新しい中古マンションは
 たいてい定期借地だから。

 定期借地マンション。
 維持費は高め。
 住める残り年数が36年などと書いてあると、

 安いようでもやっぱり高い買い物に思えるアタクシ。



 
 多少割安と言っても、
 いつか更地にして返さなきゃいけない物件って、
 やっぱりスパンの長いレンタル物件なんだよねぇ・・・



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oyabakada.blog121.fc2.com/tb.php/1407-c7fd6fad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。