立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふんばりどころ。

 
 言いたいことがあったのだけど
 書いていたけど
 まとまらないし、気持ちがしっかり伝わらないと思ったので消しました。

 うーん。

 
 難しいもんザンスね。
 言葉が足りずに自分が言いたいことを中途半端に言えば
 誤解を招くだけだし。

 だけれど
 本当に言葉で気持ちって
 全部言い表せられるものなんだろうか。



 疲れてるときって
 ダメですね。

 きっぱり意見も言えないし
 全てに自信がなくなる。

 子供も熱が下がらないし
 かといってインフルでも肺炎でもなく
 原因はまだ分からないし。

 早く良くなってくれないと
 病気の子を看病しながらの母子家庭生活は
 こりゃけっこうリアルに厳しい。

 心身ともにみるみる疲れ果ててくる。

 
 近頃太ったわー と思っていたのに
 一気に肉が落ちた。

 げそっと落ちた。

 
 世にいっぱいダイエットグッズは溢れているけど
 痩せるためには
 一番いいのは心労だわね。
 
 離婚とパワハラとリストラに困っていた、猛暑の夏には、
 ずいぶん痩せたもんだった。

 

 客観的に見ればあたしには突っ込みどころ満載だ。

 アタシがアタシに対して
 ダメ出ししたらキリがない。

 ただ、過去に戻って
 あの時ああしてなかったから、と言われても、
 それはどうにもならないから
 今ふんばって

 それから今後生きていくことを考えなきゃいけない。




 ふと、
 昔読んだ短編小説に出てきた
 ホームレスの男性の言葉が頭に浮かんだ。


 「俺たちのこと、違う世界の人間だと思ってんだろ?
  俺も昔はそうだったよ。

  道を歩いてる人間と
  道端で寝てる人間の間には、決定的な壁があるんだって。

  でもな、
  気付いてみると、まっさかさまなんだよ。

  一度下に向かって転がり始めたら
  もう、止められないんだよ。

  あんた、自分が転がり始めてないって、
  断言できるかい?」


 転がり始めているのかもしれない。

 でも転がり始めてるから止められないと思ったら
 本当に止められない。

 止める手段を考えて
 なんとしても止めなければ。

 
 ふんばらねば。



 
 

 続きを書いたつもりがないのに
 続きを読むって出てたのでなんか書かねば。

 えっと、
 そう、小説に出てきたホームレスの男性は
 こう言っていた。

 「まさか自分がホームレスになるなんて思ってなかったのに
  なってみたらもう
  どうあがいても這い上がれないもんさ」


 どうあがいても戻れないかどうかは分からないけど
 そこまでなる前に
 なんとかせねばね。

 ホームレスの方の中には
 家族を捨ててきた方もいらっしゃるみたいだけど
 やっぱり
 子供だけは、成人するまでは支えたいから。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oyabakada.blog121.fc2.com/tb.php/1401-b787ac2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。