立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナイーブ

 他にもそれを読んだという人がいらっしゃるかもしれないけれど
 アタクシふと、雑誌のエッセイを読んで
 どうもひっかかっている。
 
 のどに詰まったようで、
 いまだに飲み込めずにいます。

 ある有名な作家さんのエッセイで
 アタクシもその作家さんは好きなのだけれど
 書かれていることが飲み込めず

 どうも消化不良を起している。


 その場で二回、ゆっくり読み返したのだけど
 やっぱりナットクできずに帰って来た。


 内容は要約すると
 男性は女性に比べ、繊細でナイーブな生き物、というお話。

 
 子供の頃も
 男子は弱く、なにかと弱く体を壊す。
 
 大人になってからも、
 とにかく男性は女性よりも繊細な生き物なのだ。


 その証拠が長髪。

 女性は長い髪をいとわず、伸ばし、加工し
 保っているけれど
 男性は短髪だ。
 
 それは男性は繊細だから長い髪は手入れしにくいし
 鬱陶しいし、
 耐えられない。

 なにせ繊細だから。



 だから長髪でいられる女性は、繊細ではない。

 平安の頃には背丈ほども伸ばしていられた女性は、
 信じられないほど繊細とは程遠い。

 男性は繊細。


 ・・・。


 ま、人にはそれぞれ考え方もあるんだし
 作家の先生なのだから
 過去の歴史だってちゃんと分かっていて言っているはず。

 ザンギリ頭を叩いてみれば・・・の唄が流行ったように
 明治維新の頃前では男性は長い髪をチョンマゲに結っていた。

 マゲが外れた落ち武者は
 河童頭だけどロングヘア。

 女性はそれ以上に伸ばしていたものの、
 でも男性も長髪だった。
 
 平安時代も、女性はとほうもなく髪を伸ばしていたけど
 男性も別に丸坊主だったワケじゃなく、長髪を結っていた。

 
 だからどうだとカッカするほどの話でもないのだけど
 長髪でいられないのが
 男性が繊細である証拠の一つ
、ってのはどうなんだろう。


 脂まみれの髪からフケを落としている上司を見ながら
 ふと思った。

 男性は繊細すぎるから、髪を頻繁に洗えない、と
 その作家先生なら言うのかも。

 かも。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oyabakada.blog121.fc2.com/tb.php/1395-254dc0d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。