立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あたしゃ励ますわ。


 どうもタマクローは、
 運動が苦手なようで、
 というか、ネコの知能テストと同じで

 「必死でやらねば」と言うのがないから、はっきり結果が分からない。

 
 ぽーっとして、
 みんなが我先にと取り合うものは
 「じゃあどうぞ」って譲ってばかりで、順番もどんどん後ろになるけど
 気にしない。

 オモチャを取られても
 「そんなに欲しいのかー」と言っている。


 穏やかと言えば穏やかなんだろうけど、
 奪われても押されても、
 取られたな、抜かされたなって、納得してるだけじゃダメだ。

 たまには、
 ぼくだって!と競ってがんばらねばならないので、
 ちょっとアタクシは励ます。

 できるよ!やってみなよ!と。
 負けるな頑張れ、諦めるな!と。


 そんな生活をしているところに実家の母が関わってくると、
 例のセリフを言われてしまう。

 「どうせ私たち(あたしの父と母)祖父母が全然運動できないんだから、
  練習しても絶対ビリだわ。

  やるだけ無駄だから、やってもしょうがないよね。
  この子は絶対走れない」


 そんなこと言うもんじゃないもん。

 なんで毎回そういうこと言うのよ。
 「どうせやってもあんたはできないから、やめなさい」そうやってやる気を奪えば、
 タマクローはおばあちゃんがいないと何もできない子になって、
 もし同居したら、甘いおばあちゃん子になるかもしれない。

 でもそんな風にして、どうすんだ。
 親の役目は、
 たとえ親を捨てることになっても、子どもが羽ばたいて自立してどっかに行けるように
 そういう力を持てるように応援することじゃないかな。

 アタシは、いつまでも
 「ママ、ママ」って甘えてたら、親元にいれば家賃が要らないからって住んでたら、
 怖いわ。



 実家の母のことは、アタシはなんとなく分かるのよね。

 ずっと
 「どうせアンタは何もできないから」と、本当に何もできない子に育てた姉が、
 長男のヨメになって出てったから、
 代用を探してるんだわ。

 自分に頼らないと生きられない誰かをそばに置いて、
 「あんたはどうせ何もできないから」と言って生活するのが、安心できるんだよね・・・

 こういうのも、距離を置くと分かる。
 


 悪い人じゃないんだけど、
 今度タマクローに「どうせあんたはできない子だから」って言ったら、
 歯向かっていかねば。

 そんなこと言うと、
 けっこう心に残るのよ。

 刷り込まれるのよ。

 ・・・。


 アタシだって、そのせいで、
 運動にチャレンジする気持ちが、もともと沸かなかったもんね・・・。



 できると思えば、
 その人なりに出来るようにはなるのよ!

 プロになれるような人は特別かもしれないけど、
 努力してもまったく進歩しないワケないもん。

 「できるよ、きっとできる」って見守って、できなくても進歩を褒めてあげて欲しい。

 
 孫の翼をもいで、手乗り文鳥にしてどうするよ・・・


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oyabakada.blog121.fc2.com/tb.php/1353-a295cb98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。