立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冤罪は遠い話じゃない。

 今でも悔しくて時々話しますが、
 アタクシは事故で嫌な思いをしたことがあります。

 一回は、学生時代に自転車で車と衝突したとき。

 
 加害者の男性は無職で、
 奥様の稼ぎでフラフラしている方でしたが、
 事故の回数が多かったので、軽い事故でも対人だったため、免許が停止になりました。

 それを恨んで、
 毎日付きまとわれて、怖かったですし、
 警察の方とトモダチだったようで、
 私が警察に呼ばれたときには、
 すでに相手方の供述だけを聞いて調書ができていた。

 読まされないままに
 「ここにサインすればいいんだ。もう終わってるんだから」と、
 警官に言われて、未成年の私はただ怖くて、
 調書にサインするしかありませんでした。


 内容は後日
 止まっていた車に対して
 私が自転車で激突したことになっていると知りました。

 車 対 自転車の事故で、
 加害責任の重さは、自転車の私が大きい事故にされていたのです。

 当然、
 自転車の修理代も出ないし、
 困ったことになりました。

 暇な加害者は毎日同じ電車に乗って、同じ車両で私をにらみながら
 学校までついてきます。

 警察に言っても、
 「偶然同じ車両に乗っているだけではなんともできません。
   なにか危害を加えられたら言ってください」

 ストーカー事件などもそうですが、
 「なにかされたんですか?
  ついてくるだけでしょ?睨んでるだけでしょう?
  暴行されてから言ってください」
 だと、運が悪ければ殺されます。





 正直、
 自分に「力のある親類」がいないことや、
 警察の知り合いがいないことを悲しく思いました。

 しかも、
 困ったことにカッとすると暴言を吐くアタクシの父が、
 加害者に無礼なことを言ったので、さらに関係はこじれて、
 アタシは毎日、学校まで身の危険を感じながら通ってました。

 警察はまったく相手にしてくれません。



 が、
 その当時、先輩のお父様が保険会社や警察に顔が効くと言うので、
 事情を説明したら、
 一日で解決。


 付きまといは翌日からなくなり、
 私は被害者として自転車を買う費用を弁償され、
 調書も書き換えられました。


 
 冤罪なんて、明日はわが身です。

 下手したら、
 私があの時、打ち所が悪くて死んでいても、
 相手は罪に問われなかったかもしれません。

 お友達の警察官が、好きなように調書を書けるのですし。


 
 
 災難はいつふりかかるか分かりません。

 自動車には車載カメラなどがつけられますが、
 普段からいつも、自分の行動を撮影しながら歩いていられませんもんね。



 なんだかんだ言っても、
 権力に対して、個人は無力です。

 ・・・と、


 事故の責任を押し付けられて自殺した、ある運転手さんの冤罪事件を聞いて、
 つくづく思いました。

 事故が起きた時間に勤務していなかったのに、
 加害者として出頭しろと会社に言われて出頭した無念を思うと、
 つらいです。

 職を失うのが怖くて
 上司には逆らえなかったのか・・・

 死ぬほど悔しいなら、なんとか無実を訴えて欲しかったけど、
 気力が尽きたのかしら。

 自殺してしまったけど、
 事故が起きた時間に勤務していなかったことが明白なら、
 死後でも無罪を証明してあげたいものです。


 どんなに用心していても、
 運が悪いと濡れ衣を着せられたまま死ぬことは、
 誰にもあり得ると思う。

 ・・・。

 そう思うと、やっぱり神様の存在や、
 死後の正しい裁きを信じたい気持ちも分かるなぁ・・・。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oyabakada.blog121.fc2.com/tb.php/1343-65992d07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。