立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8万人?


 スーパーの駐車場から姿を消した(連れ去られた?)
 2歳の女の子。

 その後、行方が分からないまま時間が過ぎた。

 一体どうなっただろうと検索していて、
 無知なアタクシはショックを受けた。


 2010年度の行方不明者(捜索願が出ている人に限る)は、8万人越え!?

 毎年それくらいの捜索願が出てんの!?

 ( ̄ロ ̄lll) ・・・。



 中には、高齢者も見成年者も、小学生や幼児もいる。
 自発的な家出ばかりとはとても思えない。

 捜索願が出された人のうち、
 一割以上は、結局所在が確認されないままだそうな。

 
 事件なのか自発的な家出なのかも、
 生死も分からない。



 ついでに言えば
 全国で「身元不明」のまま、自治体が埋葬する遺体は、
 数千人に及ぶと言う。

 ・・・。

 
 なんか、寂しい。

 中には、事件で不本意に命を奪われたのに、
 闇に葬られて、証拠がないから
 「あの人、どこに行ったのかねぇ」で終わってる人もいるんだろうな。


 捜索願を出してくれる身内や仲間がいなければ、
 そのまま消えて終わりになっている人も、いるんだろう。

 人生の終わり方はそれぞれ。

 泣いて惜しまれる人もいれば、
 亡くなったことすら、気付かれずにいる人もいるんだよなぁ、と

 つい自分に当てはめて考えた今日この頃。



 行方不明の2歳の子、
 一体どうしていなくなってしまったのか。

 無事なんだろうか。

 無事だとしても、
 以前あった9年監禁事件のように、どこかで監禁されて生きているのも悲劇だ。

 お母さんの気持ちを思うとやりきれない。


 人の記憶からは、だんだん消えていってしまっても、
 お母さんにとって、
 わが子が居た、そして消えてしまったという事実は、ずっと消えないものだから。




 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oyabakada.blog121.fc2.com/tb.php/1342-e7e14731
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。