立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安定していると言っても・・・

 今、被災地での活動が見直されて、
 自衛官になりたいと言う子供が増えたのだと言う。

 とくに被災地では。
 将来、こうして人の役に立ちたいと。


 それに、
 自衛官は給与が安定していて、
 宿舎も安いので、結婚相手としては大人気なんだそうな。

 婚カツの相手としては、
 自衛官は引っ張りだこなんだそうで。



 ・・・。


 確かに本当に、
 今回の震災では自衛隊が助けてくれた。

 阪神大震災の教訓も踏まえて、
 指示まちでなく、
 配慮のある「現地判断」での行動もしていたと言う。

 被災者に見える場所では、
 絶対に座らず
 食べず飲まず居たのだと言う。



 それは本当に評価したい。
 立派だとは思う。

 しかし、
 自衛隊はレスキュー隊じゃない。

 いざとなったら、
 中東などの戦争に、行かねばならない。

 国連の要請だとか、
 他の国からの圧力だとか、
 いろんなものがあるので、国防だけはしていられない。

 実弾が飛び交い、
 誤爆されるかもしれない場所へ、
 行かねばならない存在なのだ。

 それが、
 恵まれた給与や宿舎の代わりにある、
 代償。

 

 安定と言っても、
 もし海外の戦地へ行った場合には、何があるか分からない。

 家族は不安だ。


 海猿で有名になった、海難救助隊だって、
 家族は、命の危険があるから引退して欲しいと、いつも願っていた。

 人を救うヒーローであるのもかっこいいけれど、
 あなたが無事で帰ってきてくれるのが一番だ、と。



 自衛隊の行動には、今回、
 本当に「復興にも救助にも、いなければならなかった存在」だと感謝したい。

 けれどムスコが入隊したいと言ったら、 
 素直にもろ手を挙げて賛成できるだろうか。

 母親としては複雑です。


 航空機の訓練で墜落して死ぬかもしれない。
 火薬が誤爆してしまうかもしれない。

 そんなことを思いながら暮らすのは、
 やっぱり不安なものです。

 誰かの役に立てる立派な仕事だと、分かっていても・・・。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oyabakada.blog121.fc2.com/tb.php/1327-8546a23f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。