立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逃げるのは大事だけど。

 震災が終わって、家族を失っていまだに探している人や、
 取り残されたお年寄りの話を聞くと、
 本当に心が痛む。

 おばあちゃん1人が生き残って、
 息子夫婦も孫もみんな流されてしまった場合など、
 その空しさは想像もつかない。

  つい考えて涙が止まらない。

 遺体が見つからないのもつらいし、
 無残な姿で見つかるのも、またツライ。

 


 あの、10年前の911テロの犠牲者の遺体も、
 損傷が激しくて身元確認ができないものが
 多数あるという。

 それでも
 そういう人たちも、
 荘厳な葬儀をされなくても、みんな平等に成仏したと信じたいです。

 
 私たちにできるのは、
 天災に出来る限り備えることと、
 人災は防ぐこと。

 だから、
 情報は正しいものが欲しい。

 政府は国民を馬鹿にしていてはいけないと思う。




 私たちも、
 面倒だからと、避難訓練を適当にやったり、
 手抜きをしていたらいけないんでしょうね。
 
 せっかくの休日でも、
 真剣に避難について考えねばならない場合もあるのかも。

 


 大きな台風12号が去ったあと、
 そのときの洪水の映像で、
 雨がひどいからと、靴を抱えて裸足で歩いている人の映像を見た。

 危ないよ!
 ハイヒールならともかく、男性の革靴だった。

 裸足で歩いたら、
 何が落ちているか分からないし、
 何が刺さるか分からないのに。



 これからは、
 学校でも、もちろん報道番組でも、
 ゲリラ豪雨も巨大台風も、想定外のものではないと考えて、
 対処法を、頭の中に自然に記憶されるほど、
 何度も教えるべきだと思う。

 革靴より、
 まもるべきは自分の足だもの。

 破傷風とか、敗血症とか、怖いじゃないのさ。



 それに、突然マンホールに落ちたりね。



 はあ・・・。

 もう日本に絶対に安全な場所なんてないのかもしれないし、
 怖いわ。

 どこに逃げたらいいのか分からない。





 この世にある心霊現象や
 占いはあまり信じない私ですが、
 こんな状況だと、
 ちょっと信じたくもあります。

 それほど、今の日本の現状は不安にあふれれてる。



 でもとにかく、
 雨がひどいときに、自分の靴を小脇に抱えて、
 濁流の中を裸足で歩いたら、怪我するぞ。

 大きな災害の中で、
 小さな怪我は見落とされがちだけれど、
 きっと、死者、行方不明者以外にも、
 いろんな傷を負った人が大勢いるのだろう。

 これ以上、
 傷が増えていきませんように。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oyabakada.blog121.fc2.com/tb.php/1320-beb84dfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。