立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

墓地迷子。


 うちの家族は
 脳出血でほぼ寝たきりの父と
 超めんどうくさがりだけど自覚のない母と
 超病弱な姉と
 ワタシの4人家族だ。


 娘2人はヨメに出ているので苗字も違うが、
 相変わらず何かと言うと
 離婚もしたせいで
 「身体も元気だし、タガメさんがしっかりしなきゃね」と周囲に言われる。

 ・・・。


 きりが無いが、
 アタシと姉は、これでも母がいろいろやらかしていることの後始末を
 こそこそやっている。


 何も知らないので母は威張って娘たちの悪口ばかり言っているけど、
 けっこう頑張ってるのだ。

 着ているものから言葉遣いから、
 すべてダメ出ししてくれるので、本当に一緒にいると
 「言葉の毒」にやられるけれど。



 よそ様の家にお伺いするときなど、
 近頃は母が素足に下駄で「和風モダンなの」と来てしまうこともあるので、
 いつも母用の新品の靴下まで持ち歩いている。

 やっぱり、それほど親しくない人の家に上がるときに、
 いきなりいい歳して初対面で素足はどうかと思うし。




 今回は、まさかと思ったが、
 母方の墓にお参りにでかけたのに、
 母が手ぶらだった。

 まさか、完全に手ぶらだとは思わなかったので、
 誰も線香もマッチもなく、
 花もなく、
 墓掃除だけして帰った。

 ・・・。

 
 暑いから病弱な姉は、日中の墓参りを避けたい、と言ったら、
 激怒した母なのに。

 手ぶらかい・・・。



 その後私は自分でコソコソ墓参りセットを準備して
 いろいろやり直したが、
 情けなかった。

 墓参りは気持ちだとは言うものの、
 行かないと言ったら激怒した母が、てぶらとは。

 ワタシが心配して靴下まで持ち歩いているのに、
 相変わらず、
 父が元気な頃からからどんなに性格が悪いか、
 母方の親類に延々と恨み言を言うのに夢中になっていた。



 あれも老化現象の一つだろうか。
 姉は「あんた頭おかしいんじゃないの!」と言われてしょげ、
 ワタシは「誰の血をひいたんだか、いいところもないね」と言われて凍った笑いで帰宅。


 母・・・
 大丈夫か。


 ワタシに一個もいいところがないのかい。(T∇T )




 「今更聞けない大人のマナー」みたいな本を持っていったら、
 
 「あんたはそんなもの読まないと知らないのね」と言われて自分はひらきもしない。




 難しい。


 姉は「母を小学生の妹だと思って頑張ってね」と言うものの、
 小学生にしては毒が強いし、
 母が小学生だとは割り切れないので、

 やはり逃げたくなる。



 姉は、老化のせいできっと性格もひどくなるのだと言うけれど、
 それならそれで、脳の方も心配。

 目も悪いのにメガネもしないで運転しちゃうし、
 気が気でない。




 遠くに移住したくなる・・・。



 一緒には住めない。

 少なくとも、自分の娘や孫に嫌な面があると
 すぐに「○○の家系の遺伝だ!」と血筋を責めるのは間違いだ。

 アタシに悪いところがあれば、
 それはきっと母からも似たんだろうし、
 タマだってそうだ。

 自分だけは違う、と思っている限り、
 母は永遠に変わらない。



 父と母、
 自分だけが大変で可哀想だと思っている限り、
 周りを笑顔にできないぞ。

 しかしそれも、
 ワタシにも言えること。

 日々勉強。
 日々反省。


 墓参りのルールを基本からいちおう調べ、
 最低限のものを持っていく。

 検索しても最後には
 「墓参りは最後には来たときよりも心を清めて帰るのが基本です」とあった。





 気持ちが大事だと思い、
 1人、タマをつれて祖父の墓参りにこっそり行ってきた。


 ない。


 ないよおっかさん。


 アタシの記憶にあるあたりに墓が無いよ!!

 記憶を頼りに何度、見慣れた墓を探しても、広大な墓地に墓が無い。



 さんざん歩いて、ぐずるタマクローと花を持って泣きそうになった夕刻、
 遠縁のおばさんを見つけ、
 こっそり教えてもらったら、

 超豪華にリニューアルしていた。

 こ、これは分からん!!



 豪華すぎる!!



 父の弟がお金を出して作ったのか、
 それとも遺産が実はあったのか分からないけど、超豪華な墓になっていた。

 しかし、
 墓のリニューアルも、
 ワタシのファミリーは全然知らなかったので、気付かず何度も通り過ぎていた。

 それほどに縁がなくなったものの、
 新しい墓に気持ちを込めてお参り。


 自分の心はキレイになっただろうかと思いながら、
 せっせとできる限り掃除して、
 墓前に家族の近況を報告して帰宅。


 そんなアタクシ。

 もう、絶対墓地で迷子にはなるまい。
 あんなデカイ墓になったから、一回見たら忘れないわ・・・( ̄▽ ̄;)


 こそこそと墓参りだけは続けようと思う。
 勝手なことだけれど。






スポンサーサイト

コメント

お母様~手ぶらとは…次回は、皆さんで分担割り振りするフリしてお母様の持って行くお供え物チェックという方法はいかがでしょう。

因みにうちの兄夫婦、売ってなかったからとお墓にお仏壇の一番小さいお花一束だった事あります。親戚が毎回お花用意するのもきにならないみたいで、御礼もなしみたい…ますます何もしなくなるから、私は率先するのやめたんだけど。

  • 2011/08/18(木) 00:14:24 |
  • URL |
  • マカオ #-
  • [ 編集]

今後はワタシが持っていくことにしました。
法事にも、義妹さんはお客様ようの小皿やおつまみも用意してきているのに、母は・・・
叱ると子供のように拗ねるだけなので、私がやります。
しょうがないので。

  • 2011/08/18(木) 09:57:05 |
  • URL |
  • タガメ #6VWs5n0k
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oyabakada.blog121.fc2.com/tb.php/1301-e997c673
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。