立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たとえ周囲に理解されない離婚でも。

 昨日、私は基本的に「離婚には反対」で、「でも例外もある」と書きました。

 夫が子供に危害を加えると悟ったら、
 相手を愛していても、私は妻は逃げるべきだと思います。


 
 暴力や性被害などは、周囲に言えない場合もあります。

 たとえば、夫が娘に性的な行為をさせようとしていたりした場合、
 子供を守るために夫から逃げたとしても、それは外からは分かりにくい。

 DVや性的虐待は、周囲に分かりにくいことだって多いのだから。

 周囲から見たら「いいパパ」「近所づきあいも良く」「社会的地位もある」など、
 妻の方が身勝手に見えることもあるかもしれません。

 周囲に事実を言えずに、
 「辛抱が足りずに離婚しちゃった浅はかな奥さん」と思われる可能性もあります。


 子供が父親に性的被害を受けたから離婚した、などと周囲に言ってしまったら、
 子ども自身も周囲に変な目で見られそうだし、
 子供の心と未来を傷つけそうで、簡単には口にできない。


 ので、
 離婚の理由を、本当のところは詳しく言えない人もいるかもしれないので、
 離婚について、簡単に責めるのは止めて欲しいと思ったりする今日この頃。

 もちろん、
 離婚は当人だけの問題じゃなく、両家の親族なども絡んでくる。

 子供をつれて妻が逃げた場合、
 夫側の祖父母は孫に会えないなどの問題が起きて、トラブルにもなる。

 子供は、父は怖くても祖父母には会いたがったりもするかもしれない。

 だから、離婚について反対な人の気持ちも十分分かるし、
 私を浅はかだと責める人の気持ちも、よく分かるんです。



 なので、基本的には離婚には反対ですが、
 人には離婚しなきゃいけない場合もあるし、ヘラヘラ笑って理由をはっきり言えない場合もあることも、
 頭の片隅に置いておかなきゃな、と思う。

 私も離婚の理由について、
 実は言えないこと・書けないことも、あるにはある。

 でも心にしまって、そこは、
 「夫が借金して逃げちゃってさ♪」と笑っておく。



 

 本日、21歳の夫と34歳の妻が、
 わが子を虐待で殺してしまった疑惑で捕まった事件を見た。

 生後間もないわが子を愛しいと思うどころか
 21歳の夫は
 「ウザイ」と妻にメールし、「子供と俺とどっちが大事だ」などとやりとりしていたらしい。

 34歳の妻は、夫を選び、
 赤ちゃんを邪魔者扱いしてしまい、結果、虐待死。

 
 死に物狂いでわが子を守るよりも、
 34歳で得た若い夫を、手放したく無かったのかな・・・。



 私と同年代の、このお母さん。

 21歳の、わが子に嫉妬するアンポンタンな夫に夢中になるなんて、
 あなたも本当に、寂しいつまんない人だったのよね。

 母性本能なんて、いつも思うけど、うそ。

 自分の子でも他人の子でも可愛くてしょうがない人もいれば、
 産んだ子を心底憎む、ウザイと思う親もいる。

 
 母性は、自然に備わるものじゃない。

 それなのに、母親の資質があろうがなかろうが、
 不思議と「いらない」と思っている女性ほど、妊娠したりするのが摩訶不思議。


 もし生まれ変わりというものがあるのなら、
 今回犠牲になった子が、
 次こそは、子供を切望する夫婦のもとに生まれることを、心から願います。


 せめて、父親が「ウザイ」と虐待を始めたら、
 わが子を抱いて着の身着のままで逃げるようなママのところへ生まれますように。


 どうか赤ちゃん、安らかに・・・。



 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oyabakada.blog121.fc2.com/tb.php/1223-d1bc6a4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。