立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一般平凡主婦がウサマ・ビンラディン死亡について思うこと。


 正直に言います。

 
 ウサマ・ビンラディン容疑者が殺害されたことを聞いても、
 普通の日本人って、まるで映画のように現実味の無い話に思えませんでした?


 私はそうです。

 
 なぜ突然出てくるニュースが死亡なの?
 
 よくある映画のように、
 裏があるように思えてならない。

 世界をまたにかけて暗躍したと言われる容疑者だけに、
 その名前や顔、起した事件や家族構成など、
 さまざま報道されてきたけれど、あまりにすべてが映画のよう。

 ランボーだとか、
 そんな映画があたまをよぎります。



 9・11テロで亡くなった日本人の家族の方も、
 「いきなり死んだと言われても」と戸惑っていらっしゃった。

 フセイン元大統領も、
 ビンラディン容疑者も、
 正直、

 「え?もう死んだの?殺されたの?」と拍子抜けをした。


 捕まえて公正な裁判などが公になったら、
 話されたらまずい裏話が、アメリカにとっても困る話がいっぱいあるから殺しちゃったんでしょ?

 なんてことを
 どうしても思ってしまう、一般人タガメ。


 国家の作戦の前には、
 人の命など、本当に簡単に消えるものです。

 真に怖いのは、
 「何があったのかよく分からない」ということ。

 
 死にましたよ、と、終わってから聴かされるだけなのね
 私たちは。


 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oyabakada.blog121.fc2.com/tb.php/1207-dcea745e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。