立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じゃあ何のための上限?


 ( ̄▽ ̄;)なんか、被爆量の上限を無くすなんて話があるらしいですね。


 <被ばく線量>年50ミリシーベルト 上限撤廃検討…厚労省
毎日新聞 4月28日(木)1時8分配信

 厚生労働省は27日、原発作業員の被ばく線量について、
 通常時は年間50ミリシーベルトとする上限規定を撤廃する検討を始めた。
 5年間で100ミリシーベルトの上限は維持する。福島第1原発の事故では、
 全国各地から作業員が応援派遣されているため、現行の上限規定のままでは、
 他の原発の点検業務に当たる作業員が確保できなくなるという懸念が産業界などから出ていた。

 一方、通常時とは別に、
 緊急時の被ばく線量について厚労省は先月、福島第1原発の復旧作業に限り、
 100ミリシーベルトの上限を250ミリシーベルトに引き上げる特例措置を設けている。



 ( ̄▽ ̄;) で、そうやってどんどん上限を引き上げて、最後は

 「どんだけ浴びてもOK」にするわけ?



 誰かが作業しないとなんともならないのは分かってる。

 分かってるけどさ、
 見えない恐怖をじわじわ体に浴びながら働くのは、

 無味無臭の毒薬を毎日少しずつ飲んでいるのと同じ。

 ニオイのない毒ガスを、少しずつ吸って生きているのと同じ。



 危険だと、症状が出てから再認識しても遅いでしょう。


 「とても危険で、おそらくあなたの健康は害されます。
  ガンなど発症するかもしれないし、
  今後子供を作るつもりなら、その子にも影響が出る恐れがありますが、

  高給を出すのでやってください」ってことで、

 上限を撤回するんじゃなくて、
 上限を上回っても作業をできる超法規的措置にし、
 そして、一般の作業員には、それを拒否する権利も与えて欲しい。


 ついでに言えば、
 上限を上げるなら、
 もちろん東電の管理職や、撤廃を決めた厚労省のトップの方々も、
 同じだけの被爆を経験して欲しいものです。

 自分たちは遠くにいるけど、
 現場の人はもっと浴びてください、ってのはちょっと・・・



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oyabakada.blog121.fc2.com/tb.php/1200-7d823d85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。