立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一部だけ見てうらやむのは変なり。

 ちょっと非常に体調が悪くてですね、

 うんうん言って頑張ってましたが、寝込みました。なんとか復活。
 
 関係ないけど便秘もひどくて、肌も荒れ放題。


 そんな疲れたアタクシの味方は、テレビ・・・。

 イカンとは思うのですが、

 疲れて体調が悪いときって、ベッドにいても頭が疲れて本とか、集中できない。
 私だけかな。


 テレビをぽーっと見てると、寂しさもまぎれてちょっと助かる。


 そうやって見てたら、

 よくある「日本人はここがおかしい」みたいな番組をやってました。

 ほんと、日本人って外国人にダメ出しさせる自虐的な番組多いなぁ。

 日本にもいいところいっぱいあるのになぁ。


 で、

 「日本人はバカンスをほとんど取らないから変」

 「旅行が短すぎる」とか言う話題になり、

 「フランスでは法律で夏休みは二週間とらないといけないんですよ!」という話になった。


 聞いた側は「いいなー、すげぇ、フランス行きてぇ~」

 ・・・。


 ちょっと待て。

 確かフランスも失業率高くて大変なはずじゃ・・・?
 学生がデモやってなかったっけ?

 みんなが仕事があって、
 裕福に二週間バカンスが楽しめる楽園ではないと思うぞ・・・?


 移民問題に揺れていたり、
 フランスだって貧富の格差は問題のはず。

 職はあっても住まいが無く、テントから出社してる若者もいたりして、
 話題になってませんでしたっけ?

 
 バカンスが法律で決まってるからすばらしい、それだけじゃないでしょうよ。


 どこの国にも貧富の差があるように、
 フランスにだって、最低限の生活をしてる人もいるはず。

 いい所だけうらやむんじゃなくて、
 そういう番組を見たら、じゃあ日本はどうしたらいい国になるのか、
 討論に持っていったらいいのに。

 そこまでやるとつまらないのかな。


 確かに馬車馬のように働く生活だけがすべてじゃない。

 もし、食べることに困らないのなら、
 スケジュールが埋まっていないと落ち着かない精神状態は、寂しいは寂しい。

 そんな風だと、定年になったとたんに空虚になりかねない。



 それでも、日本は十分、休む国になったと思う。

 アタクシは覚えてますもん。
 三十路半ばの私は、日本が週休二日に移行していく期間に、ちょうど学生だったんだもん。

 
 小学校の頃、土曜日は午前中だけ授業があるのが当然だったし、

 どこの家のパパも、
 サラリーマンなら土曜日は仕事してた。

 サービス業じゃなくても、週に休みは1日なんて普通だった。


 これでも十分、日本人は休むようになったと思う。
 
 ただ、休むようになったらなったで、

 人によっては、誰かとつながっていないと不安になったり

 趣味を持たないことが不安になったり、
 
 「何もしないこと」への恐怖で旅行をオプションタップリのプランにしたり、

 そういう傾向は、日本人には確かにあるかもしれない。


 あるかもしれないけどさ、
 決して、必ずしも悪いってワケじゃないと私は思うわ。

 いいじゃん、馬車馬みたいに働かないと生きていけない状況じゃない人でも、

 つい必死で予定入れちゃう国民性ってのも。
 それはそれで、見かたを変えれば面白い国民だもん。


 必死になりすぎると、人生ギスギスしちゃうとは思うけどね。



 未曾有の大災害が落ち着いたら、
 日本はまた、職を求める人や生活保護を受ける人が増えるだろうなぁ。

 二週間のバカンス、それは
 国が安定していて、
 そして特定の富裕層にだけ可能なもんじゃないかと思う。

 まず復興。
 
 バカンスにいかなくても、小さな幸せを楽しめる民族だと
 日本は日本なりに思えばいいと思うわ。



 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oyabakada.blog121.fc2.com/tb.php/1196-1745b5ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。