立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まるで戦争・・・

 皆さんもニュースを見て愕然としていらっしゃるかもしれませんが、
 本当に、私もどうしても、まだ現実とは思えません。

 我が家も確かに揺れたけれど、
 今のところはどこでもお店は普通に営業していて、
 (節電に協力して、照明を落としたりしていますが)

 ガソリンスタンドに行列も無ければ、
 電車も普通に走っているので・・・。


 あまりにも悲惨すぎて、
 現実だ何て思いたくない。
 思っても現実なのだけど。


 私はいろいろつらいことがあって、
 現実から逃げたくなって、引越し代に手をつけて、
 引越し先も当選していないのに(県営住宅連敗中)日帰り旅行をしてしまった。

 少しでも節約しないとその分生活が苦しいので、
 汚いハナシですが、お風呂の回数を減らしてます。

 臭く無い程度を心がけつつ、
 暖かくしたタオルで体を拭いて済ます日を設けて、節約している気になっていました。


 そんな私の目に飛び込んできた
 泣く少女の姿。

 「今までなんで両親や家族にありがとうって思えなかったんだろう。
  お風呂に入れて、
  ご飯をもらえるのが、当たり前だと思って、
  全然感謝してなかった。
  お父さん、お母さん・・・」


 il||li(つд-。)il||li


 本当にそうだ。

 お風呂に入れることの幸せも、
 食べられることの幸せも、
 人は失わないと気付かない。

 そして、だからと言ってそれを痛感するほどツライ思いをするのがイヤだから、
 日本人は、二度と戦争はイヤだとか
 わが子にはそんな思いをさせたくないとか思ってきた。

 そうして豊かになり、
 わが子たちに飢えや寒さを味わわせないで済む家庭が増えたものの、
 それが逆に、感謝の心を失わせてしまったのかもしれない。

 
 変な言い方だけれど、
 ホットタオルで体を拭けるだけでも、それは幸せだし、
 汚れた衣服は洗って着替えられることだって、幸せなんだよね・・・

  
 あの女の子にも、
 また「普通の日」が、戻ってくることを切に願います。

 まだ混乱のさなかだから、先になるでしょうけど、
 きっと、モノに感謝して、
 人に感謝して生きられる大人になってくれると思う。

 犠牲はあまりにも大きいけれど・・・。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oyabakada.blog121.fc2.com/tb.php/1157-462631fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。