立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それは人情?馴れ合い?慣例という名の圧力?




 人情相撲って・・・どう思われます?

 私もね、
 確かにずっと、相撲には八百長はつきものだと思ってきましたし、
 そう感じている人も大勢いたと思います。


 法的には国技ではなくとも、
 マゲを結って裸にふんどしで仕事してくれてるんだから伝統芸能っぽいし、
 絶えてもらっても困るし、
 多少の身内の馴れ合いだの、
 立場だの、バランスだの、
 そういうのでの八百長はあるものだと思ってました。

 でも憤慨はしていませんでした。
 


 国際競技でも、アートの要素が強い競技や、
 人の主観が入るスポーツでは、
 得点は主催国が高く出る傾向がある場合がありますよね。

 球技でも格闘技でも、反則をとらないとか、
 疑惑の判定だとか。

 何かしこりが残る場合がある。


 「おかしいんじゃない?」と言いたいけど、明確な判断基準がないから
 難しい。

 その点、
 「走る」とか「跳ぶ」とかは分かりやすい。 


 数字で速さや距離が出てしまうから、
 他の人が手抜きしたことで優勝したとしても、
 「タイムが遅いから」ばれてしまう。

 でも一対一の格闘技なら、
 本人の意思で力を加減すればいいこと。

 それがわざと負けたのかどうか、それこそ、
 打ち合わせのメールでも出てこない限りは、分かりにくい。



 大相撲の八百長について、
 人情だとか、
 生活や収入のためだとか、いろんな話が飛び交っている。

 だけれど、
 じゃあ、それを真剣な勝負だと思って、
 手に汗握って見ている子供に対してはどうだろう。

 「法的には悪くないからいいの」って、堂々と胸を張って言えるんだろうか。

 なあなあで行われている競技の白星に、
 なんの意味があるんだろうか。

 それはスポーツでもなく、
 お金がからむ以上は「神事」とも言えない。

 外国勢に負けまくっていては
 国技にふさわしいかどうかも良く分からない。

 スポーツだとしたら八百長は許されない。
 神事だとしたら、お金をかけたり、先輩だからと勝たせてもらうのもおかしい。


 そして、神の前に奉納するからには、
 横綱というのは、
 その肉体と精神力でもって、神の前でその技を披露するだけの価値ある戦いで、
 頂点に立ち続けた男でなくてはならないんじゃないだろうか。
 
 だからこそ、
 横綱に対して、ただ勝てばいいわけじゃないだとか 
 品格がどうのとか、
 そういうことが言われるんじゃないの?

 ともかく、
 私は今まで別に、相撲にあまり興味も無かったし、
 正直、絶対に八百長は昔からあると思っていたタイプです。

 相撲ファンのやくみつるさんだって、
 「八百長があると分かった上で楽しむのが相撲」とまで言っていた。

 でも、毎日勝負を楽しみにして一喜一憂している方だって、
 世間にはいるはずです。

 お金や、先輩との関係、 
 それに部屋同士の力関係などで勝負のバランスがとられているとしたら、
 例え実力で勝ち抜いている力士がいたとしても、
 それも疑惑の目で見られてしまう。

 とにかく、
 相撲をショーとして、八百長も込みで楽しみましょう!と言うのなら、
 それで開き直るならいい。

 けどだったら、それを見ている人たちが、
 技に感心しつつも、関脇だの大関だの言われても、
 「実力で上ったわけじゃない」って見られても、文句は言えないよね。

 まじめに勝負しても、
 「どうせ八百長だ」って全部思われちゃうわよ。

 そして、
 税制面での優遇も、ショーならば許されないはずザンスよね・・・

 
 国民からまるで税金のように受信料を徴収しているNHKが、
 長時間放送しているんだし。




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oyabakada.blog121.fc2.com/tb.php/1143-49dff94c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。