立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焦らなくはないけど。

 
 生後間も無い赤ちゃんを風呂場で殺してしまったママが、
 先日捕まりましたよね。

 夫婦ともに40代。
 長年不妊治療を受けて授かった子なのに、
 やっと授かったのに、ナゼ・・・と悲しくなるけれど、
 それが産後の怖さよね。

 普通の妊婦だって、
 産後、急激なホルモン変化でうつ状態になったり、
 夫に対して冷たくなったり、
 いろんな変化が起こる。
 
 そういうことも受け入れてあげられる環境や余裕がないと、
 産後の夫婦が険悪になったり、
 奥さんが追い詰められて、親子心中なんて考えちゃったりするのだ。

 ある意味病気なんだからしょうがない。



 鬱病って、悲しいときにだけ発症するものじゃない。

 なにかやり遂げて肩の荷が下りたり、
 環境が変わったりしたときにも起きるから、
 昇進や、計画の達成後に鬱になることもある。

 だったら、
 ただでさえホルモンバランスが崩れやすい、
 産後の鬱病は多いのに、
 そこに、40歳過ぎての初めての出産の重荷や、
 やっと子供が授かったという大きな心の変化や、
 さまざまなものが重なって、

 このママは、極度に混乱して不安な状態になったんだろうな・・・


 かわいそうに・・・


 夫は、子を亡くした悲しみに打ち勝って、
 奥さんを支えてあげることができるだろうか。
 
 それとも、俺の子を殺した女だという気持ちになってしまうだろうか・・・・

 なんとも言えない、
 苦い思いがいっぱいあった。



 子供がいる生活ってのは、
 いくら大変だと聞いていても、知ってるのとやるのとは、
 やっぱり違う。

 

 アタクシは今、
 インフルエンザで出勤停止になってですね、
 わが子と家におりますが、
 焦ってもどうにもなりません。

 例えば、子供を言い訳にしたくないですが、
 子供が病気がちだったら、
 バリバリに仕事することはできない。

 周囲に協力してくれる人がいないと難しい。


 手伝ってもらえるシステムはいろいろあるけれど、
 それでもある程度の制約はある。

 子供を預かってくれる公共サービスはあれども、
 「インフルエンザですがよろしく」なんていうのはさすがに無理だから。


 2人で熱出して、
 ゲホゲホしながら家にいて、つくづく思う。

 今日という日は二度と来ない大事な日だ。
 無駄な日なんてない。
 ムダに見えても、それでも時間は過ぎている。大切な一日。

 そうは思っても、
 どうしたって不安になる。

 焦ったり、
 この先を考えて悲観的になったり、
 落ち込んで動けないことは、どうしたってある。


 「落ち込んでる暇があったら動け!」と、頭では分かってるけど、

 分かってたらそのように必ずできるなら、
 この世に鬱病の人や
 ひきこもりの人なんて、いないわよね。

 いろんな壁があって、
 社会は厳しいもんだから、
 自分の心の弱さと、外からの攻撃で、たまに人は、マイナス思考のスパイラルに陥る。



 今日みたいに仕事も休んで、
 子供とインフルで寝てる日なんて、
 ハッキリ言って、かなりな落ち込みようです。

 心も体も悲鳴をあげる。
 
 「疲れたよー もう動けないよー」


 けれど動く。
 子供が吐いたら片付け、
 布団を洗い、
 もそもそと動く。

 諦めて、動けないと自分で思っちゃったら、本当に動けなくなりそうな気がするんだもん。

 あの、40代で初めて授かった赤ちゃんを手にかけてしまったママは、
 きっと、自分で自分に、「もうダメなんだ」と言ってしまったんだと思う。

 そこでギリギリ、
 「ダメなような気がするけど、
  とりあえず明日まで頑張ってみようじゃないか」 って、思えたら良かったのに。


 5年先、10年先の目標に向かって動くことは、
 今のように、生活が精一杯の状態の時には難しい。

 今日のこと、
 明日のこと、
 来週のことくらいを考えて生きていこう。

 それならなんとか、生きていけるんじゃないだろうか。


 目標も大事なのは分かる。

 でも生活が安定していない人や、今絶望している人には、
 手近な小さな目標が大事かな、なんて思う今日この頃。

 とりあえず、
 今のワタシはインフルの治癒証明を持って、
 来週から社会復帰。


 5年後の目標を持ちたい。
 10年後も目標を持ちたい。

 でも、そうやって気負いすぎると、ポキッと折れそうなとき・・・ありません?



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oyabakada.blog121.fc2.com/tb.php/1111-07e6dad3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。