立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近くてもハナシは通じない。

 北朝鮮のこと言った後で、
 大変に規模の小さい話で申し訳ないんですが、

 アタクシ困ってましてね。



 お恥ずかしいハナシですが、
 あまり実家の両親と仲が良くないんですが、
 その父が事故りまして。

 ・・。はあ。


 多いんです。

 もうね、何回目だろう。

 子供の頃から、父が事故るのを何度も見てきたし、
 ギリギリスレスレで運よく事故にならない危険運転も見てきた。

 なんでこう、
 ギリギリ免許取り上げにならないの?
 
 あんな危ない人に運転させちゃダメだよ!!


 と、本当に腹立たしいのですが、
 自損事故の物損が多いので仕方ありません。

 家族が警察に訴えて、
 「あの人は危険なので免許取り上げてください」とも言えないので、
 法が許す限りは、
 あの人は、電柱にぶつかり、
 溝にはまり、
 信号を無視し、
 スピード違反をしながら、運転を続けるのでしょう。

 ・・・なんとかしたいけれど。



 私ね、
 子供の頃から父が運転する車に乗るのが大変辛かったです。

 運転が下手な上にミッションの車だったので、
 ガクンガクンして気持ち悪かった。
 
 田舎で、車くらいしか移動手段がないから乗るしかないんだけど、
 父はものすごい緊張する男なので、
 子供が泣いたりするとパニックになってキレるのよね。

 「うるさい!!黙らせろ!降ろすぞ!!」って、
 急ブレーキかけて怒鳴ったり、

 道を間違えたことに気付いて恥ずかしくなって、
 それを誤魔化すために家族にキレたり、

 興奮しちゃって、その後何度も信号無視したり、
 ウインカーだし忘れたり、
 車に乗ってて安心できたことが無かった。
 
 ( ̄▽ ̄;) 誰だよ、あの人に免許発行しちゃったのは。




 とにかく、
 今ワタシは、それなりにギリギリな状況で
 子供と頑張ってます。

 生活に余裕も無いし、
 今もなんか胃がむかむかして、吐き気をこらえて書いてます。
 
 食欲無いし、
 子供の病気は多いし、シングルマザーライフは大変です。

 
 なので、



 ここで実家のトラブルを聞いても、
 なんの手助けもできません。


 正直、
 自分の親に向かって、
 「うるさいっ!」って、昔の父のようにキレて怒鳴りたくなります。


 数年前、タマクローがお腹にいる頃、
 父は居眠り運転をして、
 停車中の車に激突しました。

 相手の車には子供も乗っていました。
 
 車は双方共に、全損
 でも奇跡的に怪我だけで、犠牲者は無し。

 あの時はさすがに警察沙汰になりました。
 もちろん、100%、父が悪い。


 
 相手の方が無事で本当に良かったけど、
 なぜ分からないんだ。

 それは神さまがくれた最後のチャンスだと思うべきじゃありません?

 次は、絶対に死人が出る。

 アタシは何度も父に言ってきました。


 「車がないと不便なのは分かるけど、これだけ事故を起こせば
  運転に向いてないことは自覚できたでしょう?

  若い頃から事故ばかりで、
  歳をとっても変わらない。もう、死人が出る前に運転はやめて。
 
  事故で今まで、死んだ人がいないことは、
  不幸中の幸いなんだよ?
  死んでいてもおかしくないんだよ?」


 でも、父は聞かない。

 家族の言うことなんて、
 一度も聞いたことが無い。


 仲も悪いし、
 娘が言ってもどうにもならないんだけど、
 でも自分の父の運転で、
 誰かが犠牲になるかもと思うと、放ってはおけない。

 心も痛むし、
 どう相手に償っていいか分からない。

 危険な父を野放しにしておいたことを、どう謝ればいいか分からない。


 父はただ小心者なのだ。

 小心者だから、
 すぐパニックになって、興奮して、
 なにかちょっとした出来事があると、信号にも気付かなくなる。



 で、今回の事故。

 自損でひっくり返って骨折っただけだけれど、
 見舞いになんて行く余裕は無い。

 私とタマクローはひどい風邪だし。

 骨折が治っても、
 今度ばかりはどうしても運転ができないように、
 徹底的に戦わねば。

 正直、
 アタシだって忙しいんだから、いい加減にして自分で気付いて欲しいけど、
 無理だから。


 言葉が通じない。

 ハナシが通じない。

 実の親子なのに、
 30数年の付き合いなのに、つくづくそう思う。
 

 誰だって運転してりゃ、事故ることはあります。
 例外はありません。
 
 でも、こう、野球みたいに、3回やったらアウトとか、
 自分の中でルールを決めて運転して欲しい。

 デッドボールで怪我をさせてしまったら引退しようとか。

 いくら生活が不便になるからと言っても、
 人をひき殺してしまうことを思えば、免許を返納するのも勇気。

 根気よく
 しつこく言い続けよう。
 
 もう二度と運転しないように、と。



 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oyabakada.blog121.fc2.com/tb.php/1040-193b0be6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。