立ち止まるな!ビンボ虫!

貧乏タガメ。尊敬するブロガーさんたちの真似をして、FC2へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ち・・・ちっさ!


 体調が悪いときの味方「ポカリスウェット」を買いに行って、
 ドラッグストアで仰天した。


 な、なんて小さい柔軟剤なんだ!!




 昔のことばかり言うようになって、
 近頃スッカリ年寄りっぽいですが、
 ワタシは三十路半ば。


 まだまだ、
 洗濯機は二層式で、
 洗剤が旅行用のキャリーバッグくらいデカかった時代を知ってる世代。

 おそらく、20代だと、
 もう、スプーンで量る、コンパクト洗剤の記憶しかないんじゃないかしら。



 でね、
 そんなアタクシがさらに驚いたわけ。

 柔軟剤のあまりの小ささに。


 初めてあの、ランチボックスくらいの洗剤が発売された頃も、
 「ほんとにスプーン一杯でキレイになるわけ?」って、
 けっこう疑問に思ったけど、
 今はさらに小さくなってる。

 液体洗剤で「今までと同じ回数洗えます」と書いてあるボトルの、
 小さいこと小さいこと。

 キッチン用の食器洗剤と変わらないじゃないの。


 
 あたしゃね、つくづく感じましたよ。
 時代の流れを。

 この世に生まれて30数年。

 
 携帯電話は生まれてどんどん小型化と高性能化し、

 洗剤はどんどん濃縮されて小さくなって、
 洗濯機も高性能になって、
 
 タレントさんはどんどん細くなって。


 ここ数十年で、
 小さくなったのは、
 タレントさんの顔と、洗剤ケータイだわね。

 ま、他にもあるけどさ。

 近頃の女の子たちの、
 細くて長い手足と、顔の小ささを見ると、同じ人種とは思えないザンス。




 しかし、柔軟剤のサイズが小さなヘアスプレーくらいになってるのを見て、
 つくづく思った。


 あと30年経ったら、
 目薬くらいになってんじゃないかと。

 宣伝文句は
 「一滴の力で、タオルふわふわ」

 ( ̄▽ ̄;) どう?ありえないハナシかしら。

 
 長生きしてみたいわって、
 ちょっと思った。


 幼い頃に見た、
 巨大な洗剤の箱を二層式の洗濯機に向かってばっさばっさ振ってた、
 あの頃の母親の姿と、今の違いを思うと、
 本当に時の流れを感じる、本日の三十路。


 風邪は治らず・・・




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oyabakada.blog121.fc2.com/tb.php/1033-420cb0c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。